スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

【今日の博物館】にいがた文化の記憶館

にいがた文化の記憶館
新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5階

本来の目的は「新潟地震パネル・映像展」を見に行くためだったのですが、
ついでに、行きたかった「記憶館」に行ってきました。

新潟地震についてですけど、
私は新潟地震の頃は生まれていませんので、
現実体験はしていません。
でも、妙な「思い入れ」はあるんです。
ネットでアップされているアーカイブ画像をみつけると、
食い入るように見ます。
それも、学生のころから。

M7.5(震度5)の大きな揺れ、液状化現象、昭和大橋の落橋、
昭和石油タンクの爆発、津波、など、
ふるさと新潟で起きた自然災害を「知りたい」気持ちが
強かったのだと思います。

その後、これを超えるものを自ら体験することになるとは
思いませんでしたけど(中越地震です)。

地震の被害を少なくする方法の一つは、地震のことを知ることだと思います。

…本題が逸れました…

で、「記憶館」です。
昨年6月オープンしたばかりのメディアシップの目玉施設の1つ。
観覧者は少なく静かでしたが、私にはそれくらいがちょうどいいです。

新潟県出身の「文化人」のうち、
医学、美術、文学、中国学の分野で活躍した32人が詳しく紹介されてます。
ここで紹介されている人々、中央との結びつき(相関)が深く、
ここでしか見られない文化人の「相関図」は圧巻でした。
新潟の文化人が、想像以上に東京や日本各地で活躍し、
近代文化の牽引役として活躍していたこと、新たな発見でした。
この日は、富岡惣一郎と鈴木牧之の特別展示を見ることが出来ました。

決して規模は大きくないですが、とても密度の濃い空間でした。
個人的には、歴史学や音楽分野でも知りたいですが…
スポンサーサイト
Date: 2014.06.08 Category: 今日の博物館  Comments (0) Trackbacks (0)
おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。