2011/10/29【演奏会レポート】第23回A山祭定期演奏会

今年も、たくさんのお客様に来ていただき、ありがとうございました。
たぶん、400名以上の方に来ていただいたのではないかと思います。

書きたいことはたくさんあるのですが、とりあえず、曲目だけ。

・客寄せアンサンブル
ハピネス(Cl)
ルパン三世(Sax)
ガーシュウィン(金管)
ドラゴンクエスト(金管)

・A山祭定期演奏会

開演前コンサート 
クラリネット5重奏 クラリネット・バスカーズ (戸田顕)

名探偵コナン メインテーマ
さよならの夏(映画『コクリコ坂から』より)
フルート三重奏 小組曲第2番より 春の歌、泉 (アルビージ) 
打楽器六重奏 雪灯籠/白虎 (山澤洋之)
サックス四重奏 グリムの古城 (高橋宏樹)
トラブルメーカー
ディズニーファンティリュージョン

アンコール
マルマルモリモリ
スポンサーサイト
Date: 2011.10.31 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/29 A山祭2日目

一般公開。まあ、なんと、天気の良い日。

2年のクラス催しをぐるっと眺め、
念願?だった、自分のクラスの活躍を見て回り、転けて舞台装置を壊し(笑、故意じゃないよ)、
合唱部や書道部などの活躍も見ることができ、
それなりに充実した日になりました。

とても全部の生徒の活躍を見ることができなかったのが残念でした…

そして、クラス催しのほうはA山賞にノミネートされ、なんと第5位に!
おめでとう!おめでとう!おめでとう!
一般公開は公欠者が多くて人手不足だったにもかかわらず、よくがんばりました!

ちなみに1位のクラスは、全編英語のミュージカル。
このクラスには授業にも出ているのですが、洋楽の歌は上手いし、ダンスもうまいし、
英語の台詞は流ちょうだし(文系クラスです)、正直、文句なしの1位でした。
ちなみに日本語訳も、大洋紙で同時進行で示されているのもナイスでした。
普段の授業では見られない素顔を見ることができました。本当によかったです。
ちなみにキャストは変更してましたが、同じ公演を2日間で7回?くらいやったのかな。

自分の学年が主役のA山祭は最初で最後かな…と思いながらも、
心がとても満たされた一日でした。
Date: 2011.10.31 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/28 A山祭1日目

今日は、校内公開日。
午前は会場の第1アリーナでリハ。
音楽室や視聴覚などと勝手が違うので、
いろんなところでうまくいかないところが。

やってみないと分からないことも多いので、それも勉強です。
たった2回しか経験できない、からこそです。
自分たちなりの解決策を練って、翌日に備えます。

校内公開。私のクラス。
始まって20分ほどで行ってみたら長蛇の列!
ポスターのインパクトありか?
結局、この日は生徒の活躍を見ることができず、
長蛇の列をデジカメに納め、諦めて帰ってきました。
Date: 2011.10.30 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/27 ようやく

A山祭を目前にして、ようやく、3月の定期演奏会の写真現像が終わり(おそい!)、
なんとか3年生にはお見せできることに。

言い訳はしません。
Date: 2011.10.30 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/26 加速度的

今週の月曜日。
A山祭の欠片も感じられなかった3階フロア。

でも、少しずつ、いや、加速度的に祭りっぽくなってきました。

既にクラス催しのポスターが。
「おー、このクラスは早いな~。お化け屋敷か~ よくできてるな~」
と思って、よく見たら、うちのクラスでした

ちなみに、ポスターの貼り方、地理的に的を射てます。
階段の踊り場の、視線に入りやすいところに貼ってある。
さすが理系地理クラス。

そして、わがクラスは立地条件も◎

よし(笑)

無力な担任をよそに、確実に仕事は進んでいるらしいです。
しかし、一般公開の日に公欠が多いために、
「ゆーれー不足」らしいです。

それは大変…

私には大道具用の段ボールを提供することしかできません。

Date: 2011.10.28 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/25 毎日書きたいけど

授業プリント、追いついてない…
今週が山です。

A山祭練習、真っ只中の音楽室へ。
金管、大丈夫か~

疲れがそのまま音に現れている~

ひとまかせの音になってないか~
音楽は自分がつくるものです。

Date: 2011.10.28 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/24 月曜日なのに

この日、会議に向かう途中で、ある先生と話したこと。

「今日、月曜日ですよね~」
「週が始まったばかりですよね~」
「なんで週明けで、こんなに疲れるんでしょうね~」

どうしてでしょうか?

幸い、わがクラスは、若干のマスクマンはいますが健康優良です。
疲れは…見え隠れ…
Date: 2011.10.28 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/23 中越地震から7年。

以前のブログに書きためたものです。
中越地震の記憶を風化させないために、こちらに移しておきます。


私にとっての「2004.10.23」(2006年10月24日)
 その日、3年生は全統記述模試の1日目であったが、私は2年地理の土曜講習会で学校に来ていた。
 仕事を一通り終え、学校を出た直後。突然ハンドルが左右に取られ「パンクか?」と思った。あまりにも大きく取られたので、慌てて路肩に車を止めた。
 外を出ると、周囲が揺れている。「地震だ。」

 まもなく、すぐ近くのA寮の生徒が走り出てきた。動揺していたので、とりあえず全員いるか確認させ、指示があるまで動かないように伝えた。
 その指示を伝え終わるか終わらないかして、北の方からパパパ…と明かりが消えていった。
 学校の明かりも消えたため、これはただごとではないと思い、急いで学校に戻った。
 その前にB寮に車を回す。ほぼ全員が外に出ていた。
「先生、どこが震源なの?」「私の実家の方は?」矢継ぎ早に話しかけられるが、私自身も全然情報を持っていなかったため、手一杯の状況。とにかく全員暖かい格好で外にいるように伝えた。
 数名の生徒は、まだ夕食を取っていなかったようで、空腹の様子であった。

 カーラジオでは長岡が震度6とのこと。学校に残っていた数名の先生方と手分けし、寮生の安否確認に向かった。
 私はまずC寮へ。大家さんが到着していた。そこへX先生も駆けつけてくださった。
 とりあえず学校へ向かうように指示し、D寮へ。全員が外に出て座り込んでおり、ガタガタ震えていた。「大丈夫だから」と話しかけている矢先に大きな余震。ミシミシ音を立てる建物が不気味だった。
 近所の方から毛布を提供していただいたことは忘れない。
 あまりに大きく揺れるのですぐに移動することができなかったが、じきにY先生とZ先生が駆けつけてくださり、学校へ移動することができた。
 そして私は、駅とコンビニを回って学校に戻った(今思えば、あの余震の中で車を回していた自分が恐い…)。学校の駐車場には寮生と現地在住の先生方が、車の明かりを頼りに集まっていた。
 その後、新幹線を待っていた生徒や電車が止まって北堀之内から歩いてきた生徒などが合流し、一旦食堂へ。

 カーラジオが唯一の情報源。新幹線が脱線、和南津トンネル崩落、上越線不通…、深刻な現実が次々に伝えられ、これまで誰もが経験したことのない未曾有の事態であることが、少しずつわかり始めた。
 電車に乗れなかった長岡や新潟方面の生徒が固定電話で(携帯電話は既にパンク状態)連絡を取ろうとするが、なかなかつながらない。やきもきする中、また余震。数名の先生方は電話番をすることに(朝まで交替制で。つきっきりで対応した)。

 しばらくして町の指示で近くの中学校まで徒歩で移動。しかし中学校自体、避難住民でいっぱいだったため、1時間ほどで学校近くの寮へ再び移動。
 この間に食料調達のためコンビニに行くが、案の定行列が。なんとかスナック菓子など、すぐに食べられそうなものをありったけ買った。店員さんはろうそくを頼りにがんばっていた。

 夜の1時をまわっていたと思う。ようやく落ち着いた。私は家に戻らず、寮で一夜を明かしたが、頻繁に遅う不気味な地鳴りで、ほとんど睡眠が取れなかった。
 あの夜、ひときわ星がきれいだったことは、はっきり覚えている。

 翌日、電気が開通し、学校のテレビで惨状を目の当たりにする。
 また、毛布を取りに家に戻ったが、本棚の本がバタバタ落ちており、机の上のプリンターがひっくり返っていた。もし、ここで、昼寝でもしていたら…ぞっとした。幸い、食器等の被害はなかった。
 
 この日から、逆境との戦いが始まった。


 …これは、当時3年担任だった2年前に書いた学年便りを、補足したものです。
 私の「アーカイブス」精神に火がつき、3年の卒業式のときに書きました。

 この地震があり、休校を乗り越え、3年生は受験を乗り越えていったのです。
 
 大変だったなあ。二度とあの体験はしたくない…


今年もやってきた10.23(2008年10月27日)

あれから、4年経ちました。
4年前の「記憶」は、2年前に書き留めておいたので、こちらをどうぞ。

http://blogs.dion.ne.jp/kodaman/archives/2006-10-1.html

この日、授業があったクラスで話したこと。

「私はそのとき、震度6弱の経験をした。
その2年後(すなわち去年)、中越沖地震が起きた。そのとき私は新潟市にいたが、揺れたときこそ緊張したが、揺れが収まっても、周りに大きな変化はなかった(極端な話、大したことはなかった)。

そこから感じたこと。
南北に長い新潟県のこと、新潟市民のみんなにとって、遠い中越で起きた地震には、共感こそすれ、その大変さはあまり実感がないんだろうなあ。
今でも、現地との温度差を感じずにはいられない。
(実際、今日がどんな日か、4年前に何が起きたか、ノーヒントで答えられる者はほとんどいなかった)

でも、同じ新潟県で起きた出来事なのだから、心に留めておいてほしい。」

…最近、とみに記憶力が悪くなったkodamanも、この日のことだけは恐ろしいほど鮮明に記憶に残っている。それだけインパクトのある出来事だったんだよね。

めぐりめぐって、4年後、再び3年担任をしていようとは、だれが思っただろうか。

そういえば。

私が担任をしていたクラスにいた生徒。
推薦入試の出願直前で地震に遭って自宅は半壊(小千谷市の生徒でした)、避難所で志願理由書の清書をした。他の先生に学校から道なき道を行ってもらって、私が預かっていた書類と志願理由書を小千谷で同封し、長岡の郵便局まで行って郵送した。

寮生で自宅が佐渡だった生徒。
休校中も実家に戻らず、勉強や推薦入試の準備にいそしんでいた。周りの生徒はほとんど実家に戻ったけど、学校にいる方が受験勉強も出来るし、落ち着くといって最後まで戻らなかった。

休校中、8人の推薦入試受験者を抱えていた私は、地震に怯えつつも、推薦書と調査書の作成に明け暮れていた。地震直後は寮生とともに寮に宿泊、その後家に戻ったが、一時は家での揺れが恐くて車内宿泊もした。精神的な疲れがつらかった。

何事もない日常のなかで、受験勉強(受験対策)できることは、幸せなことなのだと思います。

教員生活で忘れることの出来ない時期です。

Date: 2011.10.25 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2011/10/23 【演奏会参加記録】合唱団NEWS 西地区公民館文化祭

感想の詳細は後日

フォスター作品から。

おおスザンナ
懐かしきケンタッキーの我が家
草競馬

ふるかう゛ぁーずには懐かしい選曲ですね(笑)
ここ数年続いて、音楽監督不在です(泣)
Date: 2011.10.25 Category: 演奏会参加レポート  Comments (2) Trackbacks (0)

2011/10/22 講習→講演会→NEWS

土曜講習のあと、講演会。
以前、勤められていた進路指導の先生からの進路講演会。

同じ話を、午後に保護者向けに。
ちなみに午後は、前座で私も10分ほど話を。

大勢の前で話をするって、緊張しなくなったけど、
難しいものです。
それだけに、講演会の内容や話の運び方は勉強になりました。

そして、夜はNEWS。
奈良土産持参。喜ばれました。嬉。
Date: 2011.10.25 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)
おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター