先週の題名のない音楽会

そういえば、先週(2014.9.21)の題名のない音楽会、「なんてったってトロンボーン」!!!
わーいわーい

中川英二郎(ジャズトロンボーン奏者)、呉信一(京都市立芸大名誉教授)、藤原功次郎(日フィル首席トロンボーン奏者) がいろいろやってくれました!

中川さんて、1975年生まれ??!! 同い年!!??
マジで????!!!!

・kodaman.、思う
ポジションって感覚で覚える→あながち間違ってないけど、だいたい目安はあるのですよ。
初心者には頼りどころのない(ポジション、口、耳)習得困難な楽器→そ、そーなのか(汗)
トロンボーンは「神になれる」→そうそう、教会音楽の伴奏はトロンボーンとテューバ!
トロンボーンは「ハモり上手」→一人で吹くより、沢山で吹いた方が絶対楽しい!だから“寂しがり屋?”
床に出すツバは「蒸留酒」→えーーっ?
ゲスト三人がやってたトロンボーン物まね:象(中川氏)、牛(呉氏)、馬(藤原氏)、相撲の行司(呉氏)
→あー谷啓氏に出て欲しかった~(トロンボーンで「ちり紙交換」ができる!)

・紹介された演奏者
レイ・アンダーソン(初めて見たけど、化け物のようなスライディング)
ミシェル・ベッケ(ベッケの音、好きです)
バート・ファン・リール(ジャズトロンボーン奏者。ジャズトロンボーンってすごーく甘い音)
J.J.&カイ(トロンボーンデュオ。ジャズトロンボーンの音のほうがあこがれる)
クリスチャン・リンドベルイ(「モーターバイク協奏曲」… 似たようなこと、高校でやってた。うちらはF1の物まね)
ボン・サイト(実際にVTRを見て欲しい! →これを見た佐渡氏「アホやなー」)
パリ・トロンボーン四重奏団(スライドを互い違いに!)
ウィーン・トロンボーン四重奏団(甘い!甘すぎる!!)
スローカー・トロンボーン四重奏団(なぜ歌う!)

・紹介された曲
マーラー:交響曲第2番「巨人」第5楽章より(トロンボーンのコラール部分)
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」第4楽章より
バッハ(中川英二郎編):G線上のアリア
リムスキーコルサコフ:熊蜂の飛行→久しぶりに聴いた!ブラボー中川氏!

やっぱり私もトロンボーン好きなようです。
楽しかった~

で、来週の題名のない音楽会なんですが、
「チェロと吹奏楽の危険な関係」…
まさかーー!! ヨハン・デ=メイ来日してたのーー!!
チェロと吹奏楽でデ=メイだったら、「カサノヴァ」じゃないですかーー!!!

ちなみに、彼もトロンボーン奏者です。

来週も楽しみ~

あ、そうそう、いろいろくだらない(笑)ことやってましたけど、「音のイメージが大事」。そのとおり!!
スポンサーサイト
Date: 2014.09.28 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

今日の「題名のない音楽会」

今日(2014.9.28)の題名のない音楽会は、「佐渡裕氏が選ぶ岩井直溥作品ベスト5」と題して、
シエナWOの演奏、中高生1000人が楽器を持っての収録でした。(昭和音大人見講堂)

このベスト5を私の思い出に照らし合わせてみるとします。

第5位 ディズニー・メドレー
高1の定期演奏会で初めて演奏。
その後、大学、社会人になってからも演奏した…ような…
何カ所か出てくるトロンボーンソロを吹いてた高3の先輩がまぶしかった~
普通に吹いてて、楽しかったです。

第4位 ティコティコ
大学の定演で吹いた。
「んっっ」たっ、「んっっ」たっ、「んっっ」たっ、「ん」たったた~ん
TpとTbの最初のほうのバック。体で取らないと絶対遅れる。
木管がんばってたなー

第3位 メインストリートで
佐渡氏、中3のときの課題曲だったそうで、フルートソロを披露してました。
ほとんど練習してないはずなのに、本人も絶賛の演奏でした(笑)
この曲は演奏したことありません。おそらく生でも聴いたことないかも。

第2位 夢の明日に
去年の課題曲。譜面づらは同じなのに、シエナの演奏がすごく新鮮に聞こえました。
少しテンポ早めだったけど、好きな演奏。
去年は聴くばっかりだったけど、演奏してみたいな-

第1位 アフリカンシンフォニー
予想通り!
あれ、これ、中学校のとき、吹いたっけ?高校のときだっけ?
大学でも吹いてるよな?
社会人になってからも吹いてるはず!
ってくらい、吹いてるなー 
ホルンの雄叫びとトロンボーンのグリッサンド、この曲の美味しいところ!
でも、グリッサンドのポジション、ちょっと難しい~
1000人でやってましたよ~この曲。
Date: 2014.09.28 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

チケット取れなかった-

今年度の全日本吹奏楽コンクール、全国大会。
大学の部と職場・一般の部の会場は、
りゅーとぴあ
なんですよねー(10/18大学、10/19職場一般)

当日券なし。
チケットぴあでのインターネット購入か、コンビニか。

昨日、大学の部、インターネット購入に初チャレンジ!
(10:00より受付開始)
5分で完売…
kodaman.完敗…

そして今日。
10:00受付開始に向けて準備してたのに…
急遽、用事ができてしまい、完敗…

それにしても、5分で売り切れって。

ダフ屋とか出回ってんのかなー
だとしたらやだなー

ま、コンクールは審査する『神聖な場』だし、
一般ぴーぽーはCDとかで我慢しますかね。

文教大とか神奈川大とかリベルテとか奏和とか、りゅーとぴあで聴きたかったな-
Date: 2014.09.28 Category: 吹奏楽  Comments (4) Trackbacks (0)

【演奏会参加レポート】新潟市北区出身の作曲家・佐藤さおり作品を集めたアカペラ合唱演奏会-さおり個展2014-

2014年8月30日(土)15:00開演
新潟市北区文化会館

無伴奏混声合唱のための「アルバムⅠ」全曲
作詩 まど・みちお  作曲 佐藤さおり

空(1999)

ことり


彩(2000)

クジャク
雪がふる

遥(2001)
太陽と地球
アリ
えいえんにゆたかに

さくらのはなびら(2001)


新聞に載せていただいたこともあり、予想以上のお客様に
来ていただきました。

全曲演奏しても30分にも満たないので、
3曲毎に指揮者や団員がしゃべり(曲のこと、曲を作っていただくに至ったことなどなど)
を入れて場を持たせ、まあ1時間くらいの演奏会にしました。

会場の北区文化会館は、吹奏楽のアンコンでもお世話になったところ。
正直、大編成の吹奏楽や金管アンサンブルには難しい会場ではあります。
(でも、この会場は、前任校でアンコン西関東を初めて決めた記念すべきところ。思い出深いです)
逆に、NEWSのような小編成のヴォーカルアンサンブルには向いているのでは?
と密かに思ってました。

リハをしてて、その予想は的中!!
人数が少なくても無理なく音を届けてくれる、NEWSのためのような会場!に思いました。
もっとも、今回のNEWSは、いつも以上に少なくて、どうしようと思ってたくらいですから。
(S2,A2,T2,B2。数字こそバランスはいいですが、S1,T1はAからコンバートして凌いだ)

今回の演奏会で、「アルバム」のこと、NEWSのことを知っていただければ幸いです。

ちなみに、私も、少し、しゃべりましたが、そのときしゃべったことは…
最初の曲(空)を初演してから15年近く経ち、初演メンバーも本当に少なくなったけれども、
「アルバム」を歌っているときの音というのは、初演当時からほとんど変わっていない、ということ。
これって、合唱団として、とても素敵なことだと思うし、とても幸せなことだと思います。

いま、そのことを再認識しています。

「合唱団NEWS第5回記念演奏会」のCDを聴いています。
今から12年前、「アルバムⅠ」全曲がそろい、初めての組曲「いのり」を初演したときのもの。
表現手法は多少変わっているけど、NEWSの音だなー。
kodaman、教員1年目のときだー
まだ、「くろぶち」のときだー(笑)
Date: 2014.09.20 Category: 演奏会参加レポート  Comments (0) Trackbacks (0)
おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター