スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2015/5/31 残念ですが…

私は今後、一般吹奏楽団の演奏会を聴きに行かないことにしたいと思います。
理由は、「もっと音楽に集中できる演奏を聴きに行きたい」と思うからです。

了見の狭い考え方と思われるかも知れませんが、自分の精神衛生上、仕方ないと思っています。

吹奏楽の演奏会は、最近の吹奏楽のさまざまな取り上げられ方により、
多様な方々に聴いてもらえるようになりました。
お客様が多ければ多いほど、演奏者のテンションも高くなります。
お客様もまた、演奏をつくりあげているのです。

ですから、演奏中、「演奏とはちがう音」が交じると、
純粋に演奏を、音楽を楽しみたい私としては、非常にストレスを感じるのです。
数年前は、あまり感じることがありませんでした。我慢強かったのかも知れません。
また、自分も咳とか我慢ができなくなって隣近所に迷惑をかけてしまった経験もあったからだと思います。

でも、最近は、我慢できなくなってきました。
普通、大人になれば我慢できるはずなのですが、子供になってしまったんでしょうか(笑)。
回りくどく書きましたが、何が言いたいか。

・未満児の子連れのお客さん
演奏中に子供をなだめたり、怒ったりするのは、既に演奏の妨げです。
泣きわめくのは子供が悪いのではなく、親が悪い。子供は泣いて当たり前。
母親だけでなく親父も、しっかりしろ!
演奏会の音を聴いて泣かない子供は少数派です。
・「音を出す」子連れのお客さんの周りの人
少し静かにしてもらえますか、くらいの一言は言えないものでしょうか。
…言えないものなんだろうな、このご時世…
・演奏会を主催する吹奏楽団
私のように純粋に演奏を楽しみたいお客様がいる一方で、子供と一緒に音楽を楽しみたいお客様も居ると思います。
両方とも、吹奏楽を楽しんでいるお客様の姿勢です。
でも、吹奏楽の演奏会は以前に比べて断然レベルが高くなり、
オーケストラのような吹奏楽曲等を真摯に聴かせる演奏が多くなりました。
そういう曲が多い演奏会については、思い切って「未就学児NG」をうたってもよいのではないでしょうか。
一方で、子供の笑い声や手拍子が聞こえてくるようなハッピーな演奏会では「未就学児大歓迎」の
ファミリーコンサートとして企画するとか。
そういう企画をしている団も多いですが、残念ながら、多くはありません。

私は、純粋に演奏を楽しみたいので、
今のように客層が混在している演奏会であれば、私はそこから離れたいと思います。
今まで何回か、考えたことがあるのですが、魅力的なプログラムとかがあり、やっぱり聴きに行ってました。
我慢の限界なのは、おそらく団の人たちも知っていながら、何の対処もしていないところです。

ということで、ある意味、大きな決断をしました。

今のように東京のオーケストラが新潟に来るようなことが少なかった時代のこと。
こんなことがあったと、聞いたことがあります。
新潟県のある市での演奏会で、
あまりに客の態度が悪くて、途中で指揮者が演奏をやめてしまった、というのを聴いたことがあります。
態度の悪さ、指揮者が気づくことと言ったら、演奏以外の「音」(話し声)が気になったことにほかならないでしょう。

さすがに今は大人の話し声や携帯の音が聞こえることはなくなりましたけどね。
でも、まだまだ「文化」が低いと言われてしまいそうです。
スポンサーサイト
Date: 2015.05.31 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/31 小笠原沖深発地震に思う。

昨日飲んでいるときに、起きてました。

NHKオンライン(5月31日 0時06分 一部最新情報に修正)=========================
30日夜、小笠原諸島の沖合の非常に深い場所を震源とするマグニチュード8.5の巨大地震があり、小笠原諸島と神奈川県で震度5強の強い揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。

気象庁によりますと、30日午後8時24分ごろ(31日、午後8時23分ごろに修正)、小笠原諸島西方沖の深さ590キロ(31日、682キロに修正)を震源とするマグニチュード8.5(31日、8.1に修正)の巨大地震が発生しました。
この地震で、震度5強の強い揺れを小笠原諸島の母島と神奈川県二宮町で観測したほか、震度5弱の揺れを埼玉県の春日部市と鴻巣市、それに宮代町で観測しました。
また、震度4の揺れを茨城県の古河市や石岡市、栃木県の栃木市や佐野市、群馬県の館林市や明和町、埼玉県のさいたま市中央区や熊谷市、千葉県の千葉市中央区や船橋市、東京中央区や港区、伊豆諸島の青ヶ島、神奈川県の横浜市西区や平塚市、山梨県忍野村、長野県佐久市、それに静岡県伊豆の国市など、関東甲信や静岡県の広い範囲で観測しました。
また、北海道から沖縄県にかけての全国各地で震度3から1の揺れを観測しました。

今回の地震について気象庁の中村浩二地震情報企画官は、「今回の地震は、震源の深さが非常に深く、震源に近い場所だけでなく、離れた地域でも揺れが強くなる“異常震域”という現象が起きたとみられる。強い揺れを伴うような余震が発生するおそれは少ないと見られるが、揺れの強かった地域では、落石や崖崩れが発生するおそれがあるので念のため注意してほしい」としています。

また、地震の規模については「島しょ部の限られた数の地震計のデータを基に速報として決めたもので、今後、精査すると規模が小さくなったり、震源の深さが深くなったりする可能性もある」としています。

=================================================

地震のメカニズムは一般的に、プレート沈み込み型、活断層型、火山活動型に分けられますが、
この地震は、これらのどれにもあてはまらない、例外的なメカニズムです。
揺れたエリアが異常に広いのに、私も驚きました。
「異常震域」という言葉も初めてききましたが。
プレートの深部で発生する地震は規模が大きく、また震動がプレートを広く伝っていくため、
今回のように北海道から沖縄の広い範囲で震度1以上の揺れを観測したとのこと。
(47都道府県すべてで震度1以上を観測した地震というのは、今回が観測史上初めてだそうです)

数年前から言われている、地殻変動の活発期。
そんな中で暮らしている私たちは、怖がるだけでなく、
起きたときに「生きるための手段」を考えることが、きっと大切なのだと思います。
人間は、考えながら生きていく動物ですから。
Date: 2015.05.31 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/30 ついに。

kodaman.吹奏楽指導に、復帰いたしました。

前任校の練習に、顔を出しました。
基礎合奏のみでしたが、「息を入れる、使うことの大切さ」と普段の基礎合奏内容についてのアドバイスを。

一緒にいらした顧問の先生いわく、
「kodaman.先生、授業のときよりすごく早口でしたねー 
よっぽどしゃべりたいことがあったんでしょうねー(笑)」

あー早口でしたかー ごめんなさいー
生来早口なので、授業のときや、今の職場でも気をつけていたつもりでしたが、
どうやらテンションが高かったようです…

コンクールでは別の方が振りますが、
私は「生涯学習ボランティア」の一環としてがんばります。

音楽室の空気、生徒の反応、そして音楽室からみえる風景。
ここで育ててもらったことを振り返り、思い出しながら、
今回与えていただいた機会に感謝しつつ、少しでもサポートできるようにしたいと思います。
前任校時代、頭の中にあったこと。
「息・音・耳・歌・心」もう一度、リフレイン。

さて、この日の夜。
教育実習に訪れている、前任校吹奏楽部OB・OG3人への激励を兼ねて一席。
2人とは昨年のOB会で飲みましたが、もう一人とは再会自体、卒業以来?4年ぶりか。
当時の部活のこと、教育実習のこと、教員のこと、将来のこと、その他ここで書けないこと(笑)…
たくさん話して、あっというまの時間でしたー
しつこいようですが、このときが、教員冥利に尽きる瞬間です。
こちらも若い力をもらえました。週明けからまたがんばれそうです。
Date: 2015.05.31 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/29 ホームページのこと&口之永良部島新岳噴火

職場では、比較的簡単にホームページを更新したりページ作成をしたりできます。
県庁専用のホームページシステムがあるので、マニュアル通りやれば、基本的に誰でもできるものです。
まあ、それはそれとして。

情報発信や広く周知する方法としてのホームページの役割は重々承知しています。
でも、いざ、更新するとかリニューアルする、となると、
とてもエネルギーが必要です。
やっぱり時間も掛かる。
だまってても更新できたら苦労しないんだけどな。

何が言いたいかって、私がよく見る某HPに言いたい!
エネルギーの必要なホームページ更新であっても、
立ち上げている以上は、適切な更新をお願いしたいという、
自戒を込めたことを書きたかったわけです。

それはそうと、口之永良部島・新岳の爆発的噴火。
かなり大規模な噴火でした。
桜島の大噴火も予想されているだけに、今後の動きが心配です。

NHKオンラインより===========================
29日午前、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的な噴火が発生し、噴煙が9000メートル以上の高さまで上がったほか、火砕流が新岳の南西側から北西側にかけて流れ下ったことが確認されました。気象庁は、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを最も高いレベル5に引き上げて厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、29日午前9時59分ごろ、口永良部島の新岳で爆発的な噴火が起き、
噴煙が火口から9000メートル以上の高さまで上がり、火口の周辺に噴石が飛散しているのが確認されました。
その後も噴火は続き、午後9時現在で、噴煙は火口から700メートルの高さに上がっています。
また、噴火に伴って火砕流が発生し、新岳の南西側から、北西側の向江浜地区にかけて流れ下り、
北西側では海岸まで到達したことが確認されました。
29日午後に上空から行った観測では新岳の南西側から北西側に加え、北東側でも火砕流が流れ下った痕跡が
確認されたということです。
気象庁は午前10時7分に口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3の「入山規制」から
最も高いレベル5の「避難」に引き上げ、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁が噴火警報を発表したのは、平成19年12月に警報を導入してから今回が初めてです。
Date: 2015.05.29 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/28 であい、つながり

★5/29 記

机の蛍光灯が切れてしまい、手元が暗がりに。目が悪くなる-

昨日、ドタキャン要員?で、職場の情報交換会に参加。
参加予定はなかったのですが、参加予定だった人が急遽ドタキャンになってしまったので、
そのぶん、席のキャンセルが面倒だからと、声を掛けられました。
「まあ、夜は暇だし」

午後の会議に引き続きの情報交換会で、
正直、会議メンバーの方々とは初顔合わせだったのですが、
上越在住の方とか、南魚沼市在住の方で娘さんが私の初任校の卒業生だとかで、
話が盛り上がって、なんだかとても楽しかったです。
特に、新潟市にいると、上越とか魚沼出身と聞くだけで仲間意識が芽生えます(笑)
遠くからありがとうございました。

こういう出会いやつながり、どこかでまた、出会い、つながるのでしょうね。

Date: 2015.05.29 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/27 どうでもいいけど、書きたかったネタ(笑)

最近、イベントのチラシやビラのことを「フライヤー」っていうようになってるよね。

フライを揚げる油の入ったところも「フライヤー(フライアー)」って言います。

…なんだか、馴染めません。この言葉。

それだけです。よし、書けて良かった(笑)
Date: 2015.05.27 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/27 最近、物覚えが悪い 

最近、ぐっときたり、おっと思ったり、きたーっと思ったことでも、
すぐに忘れてしまいます。

小中学生のとき、まがりなりにも、勉強したことをそれなりに覚えていたのにね。
でも、空間認識は意外と覚えてたりする。
結局「気合い」の問題ですかね?
少なくとも、仕事に影響しないように、気をつけないといけません。
そんなことを感じた週の半ばでした。

なんでこんなことを書いたかって?
ブログに書こうと思ってたネタも、PCの前に座ると忘れちゃうの(泣)
Date: 2015.05.27 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/26 久しぶりの「青天の霹靂」

いやあ、人生、何が起きるか分かりませんねー
2年前に担当し、昨年は外れた仕事、今年、急遽、担当(サブですが)することになりました。

3泊4日、O瀬で宿泊体験活動する事業(引率します)です。結構な大事業です。
2年前、この事業のおかげで、予定していた前任校のコンクール指揮ができなくなりました。
コンクール当日と事業が重なってしまったので… 当日以外のサポートはしたつもりでしたが…

これまで何回か青天の霹靂を経験しましたが、今回は、比較的経度の霹靂でした(笑)。
思ってもみなかったことですが、「経験者」としての登板なので、任された以上はがんばりたいと思います。
今回は、コンクール日程と重なっていません。なので、当日は聴きに行けます(笑)
Date: 2015.05.27 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/25 最もターミナル駅に近い劇場、NGT48劇場

NGT48劇場の専用劇場が万代の「ラブラ2」4Fに開設されることになったとのこと。
メンバーの応募も順調なようで、ファンにとってはきっと楽しみなことなのでしょう。

では、ここで、NGT48専用劇場の立地について、語ってみたいと思います。
今村支配人は、選定場所についてこう述べています。
「県内外から多くのファンに来てもらうため、新潟駅からアクセスのいい場所にした。
市街地のど真ん中でいろいろな年代の人が集まる。」(25日付け新潟日報朝刊より)

新潟県人としては、万代よりも古町に、という考えも強かったのですが、
他の劇場の立地を考えると、今回の結論はうなづけるのかな、と思います。

48グループの専用劇場の交通条件について、ターミナル駅からの時間距離を比較してみました。
電車の所要時間は、時刻表による標準時分(時間帯により変動あるが、およその目安)

東京駅→AKB48劇場
東京-(JR4分)→秋葉原…(徒歩5分)…劇場    

移動時間だけなら東京駅から約10分。駅構内の移動時間を考慮すると、15分もあれば劇場に到着。
もっとも、駅から劇場まで、何の感情も入れずに5分で歩くというようなことはないと思いますが…

続きまして。
名古屋駅→SKE48劇場
名古屋-(地下鉄東山線5分)→栄…(直結)…劇場

ターミナル駅から最も近い劇場、だったのか。駅構内の移動時間を含めても10分以内で到着できるか?

新大阪駅→NMB48劇場
新大阪-(地下鉄御堂筋線13分)→なんば…徒歩6分…劇場

ターミナル駅からちょい離れてるけど、グランド花月に隣接しているという点で致し方ないか。
30分くらいは見ないといけないですかね。

そして。
HKT48劇場
博多-(地下鉄11分)→唐人町…徒歩15分…劇場

ターミナル駅から最も離れている劇場。移動時間は最短でも30分か。

これらと比較して、NGT48劇場が開設されるラブラ2は…
新潟-(バス3分)→万代シティバスセンター前…(徒歩2分?)…劇場

県外から来るファンにとっては、新幹線駅から劇場までのアクセスが一番重要です。
ということで県外から来るファンにとっては、来やすい、分かりやすい立地だということが分かります。
さらに県内勢においても、車を持たない中高生にとっては、バスターミナル機能のある万代が
好条件と考えられたのでしょう。県外高速バスの発着地点でもありますし。
結果として、名古屋のSKE劇場よりは「ターミナル駅に近い劇場」といえると思います。
(地下鉄よりバス移動のほうが、より手軽と考えて。BRT本領発揮するか??)
今村支配人は、元SKE支配人ということで、そのへんも意識したのでしょうか?

古町が外されてしまったのは、仕方ないですね。でも、古町でも是非イベントをやってほしいです。

これ以上語ると、ファンから何か言われそうなので、
地理的なことだけ述べて終わりにします。
ちなみにkodaman.は、すごく48グループが好きなわけではありません。
Date: 2015.05.25 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2015/5/25 タモリさんはすごい。

今日の夕方ドライブ。安部礼司は美里祭りの録音でしたね。
すごかったね。よかったね。
ぶらり立ち寄ったのは、ここ。

2015052416190000.jpg

気持ちよかったよ。

ところで、日曜日に、こんな話。
ブラタモリ、ヨルタモリ。
系統は違うけど、どちらも、地理教員をくすぐるネタにあふれていて、楽しい。

ブラタモリは、予備知識がなくても地理が楽しめる。
フィールドワークの楽しさを伝えてくれています。
フィールドワーク自体は気楽にできるけど、
予備知識を持ち合わせながら、それを現地で納得する喜びと、
知らなかったけど現地で誰かに教えてもらって納得する喜びがあると、
暗記ではない、純粋な楽しみが味わえると思います。
…という机上の空論です。

ヨルタモリは?
「始点・終点」というシリーズコーナーがあります。
これ、地理教員というより鉄さま向けですけどね。
今日は、銚子電鉄・外川駅が取り上げられました。以前は、京急・三崎口駅、その前は…
これから、どこの駅が取り上げられるのか、楽しみです。
あと、番組の終わりの「森田式占い」のコメント。
今日はちょっと違ったけど、アドバイスに「地理用語」が使われてたのがツボでした。
カルスト地形のような●●に出会えば吉?とかね。

日曜夜は、くすぐられすぎて寝る時間が遅くなってしまう…悪いことです。
それでは、おやすみなさい。

Date: 2015.05.25 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)
おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。