2016/4/26 ひとつになった九州はもっと楽しくなるはず

朝、流れていた(紹介されていた)このCMを見て、涙を流しそうになりました。
ただでさえぐっと来るCMなのに、このタイミングで流されたら、もう…



地震が落ち着いたら、ゆっくり訪れたいです。

スポンサーサイト
Date: 2016.04.27 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/25 残っていた

DVDのハードディスクの内容を確認してたら、なんと!
3月に放送した、ブラタモリの熊本編(2回分)が残っていた!
特に前編は、熊本城を取り上げていたから、今思えば、貴重な録画になってしまいました。

再放送の要望も上がっているようです。

また、熊本城の修理には、数十年かかるとも言われています。
阿蘇神社も、修復可能とはいえ、相当時間がかかりそう。

熊本城のこれだけの修理は、創建以来と言われており、
それだけ、この地域での地震被害がほとんどなかったことを物語っています。

録画技術、ありがたいことです。
Date: 2016.04.25 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/24 見ました

昨日は、久しぶりに部活引率in柏崎。
日中は暑いくらいだったのに、午後は急に風が強くなり、しまいには日が陰って寒いくらいの天気。
風が強いのは、さすが「風の街」と思ってしまいました。

さて、この日の「題名のない音楽会」
吹奏楽部を知る演奏会の第2弾でした。(演奏はシエナWO)

・カーペンターズ・フォーエバー(真島俊夫編曲)

・年代別人気曲メドレー
「シング・シング・シング」(岩井直溥編曲)~
「サンダーバード」(森田一浩編曲)~
「宇宙戦艦ヤマト」(宮川彬良編曲)~
「メインストリート・エレクトリカルパレード」(佐橋俊彦編曲)~
「残酷な天使のテーゼ」(三浦秀秋編曲)~
「パイレーツ・オブ・カリビアン」(J.ワッソン編曲)~
「あまちゃん オープニングテーマ」(足立正編曲)

そして、ラストは、宝島。

もう、まるで収録段階で何もかも知っていたかのような選曲でした。

番組の最後には、逝去のテロップが流れ、
在りし日の真島さんのタクトの姿。
岩井直溥の特集の時の録画同様、保存します。

最後の「今日の格言」も、真島さんの言葉でした。
“素晴らしい音楽家がいてこそ 楽譜は初めて音楽になる”
真島さん。あなたは、素晴らしい音楽家でした。
Date: 2016.04.25 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/23 架空の演奏会 その2

本日は、真島俊夫presents 吹奏楽ポップスコンサートにご来場いただき、誠にありがとうございます。
演奏会の雰囲気をこわさないために、ノーMCでぶっちぎりたいと思います。
どうぞ、お楽しみください!

〈オープニング〉
オーメンズ・オブ・ラブ 

〈第1部〉
ベイ・ブリーズ 
ジェラート・コン・カフェ
トリステーザ
スター・ウォーズ メインタイトル

休憩20分(演奏者対策…)

〈第2部〉
美女と野獣
風の谷のナウシカ
天空の城ラピュタ
ジブリ・メドレー

〈アンコール〉
カーペンターズ・フォーエバー(!)
宝島(!) 

フュージョンからラテンまで、スターウォーズからジブリまで、
吹奏楽によるポップス演奏や作品提供にも意欲的だった真島さん。
その多才さで、もっと吹奏楽の世界を盛り上げてもらいたかったです。
本当に、ありがとうございました。
真島さんが残された音楽、大切に演奏していきます。
Date: 2016.04.25 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/22 架空の演奏会

(オープニング 「三日月に架かるヤコブのはしご」)

オープニングに演奏いたしましたのは、「三日月に架かるヤコブのはしご」でした。
関西学院大学応援団総部吹奏楽部の創部40周年記念委嘱作品です。
壮大なオープニングと甘い旋律の中間部で人気の作品です。
既に金管奏者はバテ気味ですが(笑)、オープニングにふさわしい楽曲でした。

さて、オープニングの作品を作曲した真島俊夫さんは、全日本吹奏楽コンクール課題曲を三曲書いております。
まずはじめにお聴き頂きますのは、「波の見える風景」です。
1985年の課題曲として有名ですが、この曲は作曲者自身の手で改訂され、
課題曲より二分くらい長いサイズの改訂新版がつくられています。
改訂新版では、課題曲のサイズでは表現しきれなかった海の荒々しさや神秘さが盛り込まれています。
それでは、二曲続けてお聴きください。(普通は並べないけどね)

(1 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」)
(2 波の見える風景(改訂新版))

次にお聴き頂きますのは、「コーラル・ブルー」です。
1991年の課題曲として発表されたこの曲には、“沖縄民謡「谷茶前」の主題による交響的印象”という副題がついており、
副題の長さでは、おそらく課題曲中、最長と思われます(笑)
その名の通り、谷茶前のモティーフが繰り返されますが、このモティーフを奏でるシロホンのばちさばきが聴き所です。
それでは、沖縄の、手つかずでありたい青い海と広大な空を思い浮かべながらお聴きください。

(3 コーラル・ブルー)

第一部、最後にお送りいたします曲は、「虹は碧き山々へ」です。
1996年に三重県の伊賀シンフォニックバンドの委嘱によりつくられた作品です。前半の幽玄な雰囲気、山を襲う嵐の描写、
静かに山々に虹が美しくかかる情景を、様々な楽器を通じて表現しています。
では、お聴きください。

(4 虹は碧き山々へ)

休憩15分

第2部は、真島さんの作品の中でも、特に海外で評価が高い2つの作品を演奏いたします。

はじめにお送りします曲は、「三つのジャポニスム」です。
2001年に東京佼成ウインドオーケストラの委嘱で作曲され、「鶴が舞う」「雪の川」「祭り」の3楽章からなります。
それぞれ、日本的な題材を西洋的に表現した作品ですが、
当時の東京佼成WOのダグラス・ボストックがヨーロッパ演奏旅行の際、この曲を取り上げ、
ヨーロッパの聴衆から「今までとは違う日本的テイストを持つ曲」として高い評価を得られたといいます。
それでは、お聴きください。

(5 三つのジャポニスム)

演奏会の最後にお送りします曲は、「鳳凰が舞う」です。
この曲は、2005年に川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団の創団25周年記念に委嘱し、作曲されました。
「印象、京都 石庭 金閣寺」という副題がついておりますが、
このことについて、真島さんは、あくまで全体的な印象であり、この部分は何という構成ではないと語っています。
敢えて言えば、中間部の静かな部分は竜安寺の石庭からインスピレーションを得たもの、最後の壮大なクライマックスは華麗な金閣寺とその屋根に、今にも天に向かって羽ばたこうとしている黄金色の鳥、"鳳凰"の印象であるとのことです。

この作品は、2006年に、フランスの「クードヴァン国際交響吹奏楽作曲コンクール」で第一位を受賞し、真島さんの作品が初めて海外でコンクールに入賞した作品となりました。

それでは、本日、最後の作品をお聴きください。

(6 鳳凰が舞う)

拍手が鳴り止まず、アンコール。

(アンコール 五月の風)

アンコールは、課題曲のマーチでも特に人気の高い、1997年度の課題曲「五月の風」を演奏いたしました。

本日は、「真島俊夫吹奏楽作品演奏会」にご来場頂き、誠にありがとうございました。
今回の選曲は、あくまでも、kodaman.の好みで決めたものであることを、なにとぞご了承ください。
Date: 2016.04.24 Category: 吹奏楽  Comments (2) Trackbacks (0)

2016/4/21 まさかの訃報(速報)

作・編曲家の真島俊夫さんが、本日(4月21日)、逝去されたそうです。
(Twitter、BP情報より)

ショックです…

「三つのジャポニスム」や「鳳凰が舞う」など、大曲が有名となりましたが、
私は、課題曲だった「波の見える風景」と「五月の風」、そして「三日月に架かるヤコブのはしご」が大好きでした。
あと、オリジナルポップスナンバーの「ベイ・ブリーズ」や、前の学校で、生徒が好んで選曲していた「ジェラコン」(ジェラート・コン・カフェ)も真島さんの作品でしたね。

ニューサウンズの「オーメンズ」や「宝島」の編曲も、真島さんでしたね。

あまりにも早すぎる…

謹んで、哀悼の意を表します。
Date: 2016.04.21 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/20 まだ要るの?

何がって、ヒーター。

朝、まだ寒い。

いいかげん、つけるのも面倒なのだけど、
つけないと寒いし…

という、わがままkodaman.でした。
Date: 2016.04.20 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/19 買った

上越で買い物をするようになって、
目に飛び込んできて、必要ないのに、買ってしまったものがある。

ひとつは、小竹製菓のサンドパンとメロンパン。
ひとつは、「かんずり」

サンドパン。高校時代、食べましたよ。
久しぶりに食べて、涙がこぼれそうになりましたよ(笑)。
でも、好きなのは、メロンパン。クリームたっぷりなのが好き。

そして、「かんずり」は、実は、高校時代までは食べたことが(たぶん)なかった。
もともと新井の名物だったし。
で、ついに、食べてみた。

これだけで食べてみた。

美味し。辛いけど(笑)

もともと辛いもの好きだし、柚子の風味がたまらない。
何につけても、合いそう。

食の楽しみが増えました。
Date: 2016.04.20 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/18 気になること

5年前の東日本大震災の時から、
また一段と、SNSが発達し、
いいことも、悪いことも、目立つようになりました。

ひとつひとつの是非を、ここで問うつもりはありませんが、
いろいろなところで、いろいろなかたちで「見られていて」、
見たことについて、「揚げ足をとる」ような言動が、
どうも、気になります。

「こんなときに…」
Date: 2016.04.20 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2016/4/17 地震・暴風

熊本地震のニュースはもちろんだが、
暴風関連のニュースからも目が離せない週末でした。

天気図を見れば、台風並の低気圧。
そういえば、ここ数年、この時期の「爆弾低気圧」が、定番になってきました。
迷惑な話ですが、それだけ大気の不安定さが異常なのだと思います。
これを書いている今も、びゅーびゅー音を立てて風が吹いています。
東京では、足場が崩れる被害が出ました。
今日、やむを得ず、買い物で車を運転したのですが、
信号で停車しているとき、車体がまるで地震のように左右に揺れました。

熊本地震の被害は、予想以上のものになりました。
大規模な揺れが深夜に襲うというのは、精神的につらいものがあります。
山間地の土砂崩れ、新幹線の脱線…中越地震に重なります。

ですが、県庁所在都市の機能麻痺、重要文化財(熊本城、阿蘇神社など)の崩壊、
交通インフラの断絶(熊本空港、九州新幹線、高速道路)等、
深刻な被害が伝わってきます。

中越地震、中越沖地震を経験した私たちだからこそ、
できることを実行したいです。
Date: 2016.04.17 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)
おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター