スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2015/12/16 実は今日からバスダイヤ改正

本日、記事2つめ。
私が利用する県庁線は、ほぼ変更なし。

さて、翌春のダイヤ改正に向けて、若干の私なりの考えを。

①BRTの朝、夕の時刻表を「なくす」
どういうことかというと、ラッシュ時間については、満員になったら、すぐに次のバスを出すくらいのダイヤにする。
朝(7:30~9:00)と夕(17:00~18:30)は、新潟駅~青山(または市役所前)間を、
シャトルバスのようなピストン輸送にする。
そのくらいのことをしなければ、損なわれた定時性サービスを補うことにはならないのではないでしょうか。
冬だからこそ、待ち時間を少なくすることを考えてほしいのですが…

②大堀線、寺尾線、小新線の青山発着は、市役所前発着に。
この路線の「改悪」はかなりのもの。
せめて市役所前発着にして、郊外線のBRT区間の停車バス停を減らし、快速運行にして定時性を向上させる。
私の中の停車バス停候補は、〈白山駅前、高校通、第一高校前〉

③西小針線、有明線も、市役所前発着にしてしまう。
妥協案です。

④黒埼、白根方面の青山発着も、市役所前発着に。ただし、市役所前~青山間は快速運行。
①と同じ考え。

⑤県庁線の新潟駅南口~県庁(美咲合同庁舎)間の朝の本数を1,2本増やす。
個人的希望です。

ちなみに、バス路線の改編で客入りが減ったという古町方面の商店街の話を聞きますが、
すべてをバスのせいにしていたら、いつまでたっても古町の活性化は見えてきません。
バス路線の改編前から分かっていたことなのですから。
それから、バスは公共交通であり、古町の商店街のことだけを考えて設定するわけにはいかないです。
だから、(かつて古町発着が多かった)東区方面の路線改編は、今のままでいいと思ってます。

一方、西新潟方面については、「変な乗換」が発生してしまったので、なんとかしてほしいです。

ちなみに、定時性の向上についてですが、
ただでさえ全国屈指の自動車社会である新潟でバスの定時性を求めるならば、
道路を管理する行政が本気になってバス専用路線を設定しなければ、絶対に無理です。
バスは、道路を走る交通機関である以上、定時運行は限りなく難しいものなのですから。
そして…バスを利用する人も、それを分かって利用するしか、ないですね。

私は、新潟交通さんの経営姿勢はとても好感を持っています。
だからこそ、がんばってほしいです!
スポンサーサイト
Date: 2015.12.17 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。