【聴いてきました】央友会コンサート Ⅱ(そのに)

2016年5月14日(土)14:00開演
リージョンプラザ上越コンサートホール

2016052318350000.jpg

2016052318360000.jpg

【オープニング】
直江津東中、NEO sky!!!、グルポ・カントール合同
(すみません、演奏曲分かりませんでした)

【各団体のステージ】
・直江津東中学校合唱部
 夜
 走る
 結
・NEO sky!!!
すいぞくかん
 地球は
 どうぶつえん
・合唱団YEN
 カントリーロード
 君をのせて
 ひこうき雲
・グルポ・カントール
 組曲「虫の絵本」
  テントウムシ
  チョウチョウ
  ガガンボ
  セミ
【ゲストステージ】
・Chor Prost(コア・プロスト)
 上を向いて歩こう
 海の声
・Kanecco
 友~旅立ちの時~
・カリアゲイズ
 やさしさに包まれたなら
 糸
【合同演奏】
手紙
【アンコール】
あなたに


去年は、NEWSも出演させて頂いた演奏会。
今年は別の目標ができたので参加せず、代表として(?)聴いてきました。
嘘です。もともと聴きに行きたかったからです。

前半の各団体のステージは、
どの団体も、「若々しい」声で、(もちろん「YEN」さんもね)、聴いていて心地よかったです。
そして、全ての団体が、前回(昨年)よりレベルアップしてるように感じました。

後半のゲストステージ。
これもまた良かった!というか、本当に良かった!
Chor Prostは、グルポ・カントール卒団メンバーが中心となって結成した女声合唱グループ。
1,2回くらいの練習とは思えない完成度!
Kaneccoは、「金子先生から合唱指導を受けたことがある女子高生」という共通項の女声合唱グループ。
金子先生は幸せですね~(笑)さすがにアンサンブルは見事でした。
カリアゲイズは、金子先生が以前勤務していた中学校の教え子で、合唱経験事実上ゼロの男声合唱グループ。
きっかけが友人の結婚式だなんで、いいですねー
でも、まっすぐな声と、合唱経験ゼロとは思えない、いい耳を持った素敵なアンサンブルでした。
「糸」なんか泣きそうになりました(笑)

合同演奏のすばらしさは言うまでもないのですが、
これだけの若い合唱アンサンブルが、少しずつ広がっていくと、いいなーと思いました。
新潟や長岡にも、若い世代の合唱団はありますが、
やや敷居が高い(仲間意識が強い。高度な技術が要求される)ところがあって、活動が広がってない印象があります。
それもそれで、合唱レベルの向上につながると思いますし、否定はしませんが、
一方で、興味ある人が、気軽に合唱に参加できる、そういう団体が、きっともっとあってもいいのだと思います。
そして、そういった団体の演奏を披露する機会を設けると、やる気にもつながるのだと思います。
少なくとも、上越では、そういう土壌があるのだと思います。

金子先生も「ごあいさつ」の中で書いておられましたが、
“生涯歌い続ける合唱人の育成”の一環として、この活動がもっともっと広がってもいいと思います。

えらそうなことを書きましたが、
結論として、「央友会コンサートは、素敵なコンサートでした」ということです!

金子先生、中森先生、出演者の皆様、おつかれさまでしたー

そして、演奏会後、私は新潟へ。NEWSの練習に行きましたとさ。 
スポンサーサイト
Date: 2016.05.16 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター