【聴いてきました】東京佼成ウィンドオーケストラ 上越公演

2016年5月21日(土) 17:30開演
上越文化会館大ホール

2016052318030000.jpg

プログラム

第1部
2016年度全日本吹奏楽コンクール課題曲
 課題曲1 マーチ・スカイブルー・ドリーム(矢藤 学)
 課題曲2 スペインの市場で(山本雅一)
 課題曲3 ある英雄の記憶~「虹の国と氷の国」より(西村 友)
 課題曲4 マーチ「クローバー・グラウンド」(鹿島康奨)
 課題曲5 焔(島田尚美)
ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲(C.T.スミス)

第2部
Let it go アナと雪の女王 (宮川成治 編)
スタジオジブリ・アニメ・メドレー(狭間美帆 編)
ニュー・シネマ・パラダイス(大島ミチル 編)
ディズニー・メドレー(岩井直溥 編)
スター・ウォーズ コンサート・セレクション(真島俊夫 編)

アンコール
花は咲く

指揮 大井剛史
司会 富樫鉄火


主催公演ではない、招待公演で、10年ぶりの上越公演とのこと。
佼成の生の音を聴くのは、いつ以来だろう?
以前から行きたいと思っていたので、この日は勤務日だったのですが定時退校し、
文化会館へ。
ホールは、コンクールの結果発表時のごとく(笑)満員御礼。
客層は、吹奏楽部員とおぼしき中高生はもちろんだが、思いの外高齢者の来場も多くいました。

前半の吹奏楽曲のステージ。
今年の課題曲を生で聴けたのは、吹奏楽部員にとってはラッキーでしたね。
今回5曲聴かせていただいて、CDとの印象が大きく変わったのが、3(ある英雄の記憶)。
当初の印象通り、演奏することそのもの、そしてフレーズのつくりかた、難しいなーと思ったのですが、
熟練した技術を持つ佼成WOの演奏が、とても心に残りました。
特にこの曲のコーダ。このように演奏できるアマチュア吹奏楽団がいるといいなあ。

「ルイ・ブルジョワ」は期待通りの圧巻の演奏。
最近はコンクールでの「超熱い」演奏をたくさん聴いてましたが、
プロならではの洗練された、でも熱さが伝わる(あの上越文化会館の最後方でも!)演奏に、
これもこれで満足しました。

第2部は、編曲の妙を楽しむ目的のポップスステージ。
佼成のポップスを生で聴くのも、いつ以来?
どの曲も、じっくり楽しむことができたのですが、
特筆すべきは「スターウォーズ」。
故真島俊夫さん編曲のコンサートセレクション。
鉄火氏いわく、難しい海外の編曲作品よりも難易度を下げ、
まさに映画をみているかのような演奏ができる編曲にしたとのこと。

いろいろな説明がありましたが、とにかく、最初の一音でやられました。
近くの中学生は、のけぞってました(笑)
私は、いつもならチキン肌程度なのですが、今回は少し涙ぐみそうになりました。

大井さんの指揮も素晴らしかったです!
あっという間に、約2時間の公演が終わりました。
こういう演奏に飢えていたのかな。
心がとてもリフレッシュされた感じで、本当に楽しい演奏会でした。
さっき、のけぞってた何人かの女子中学生、演奏会が終わると涙を流してました。
(スターウォーズが相当好きだったみたいです)
良かったねー、いい経験ができましたね。

ちなみに私は、これを打っている今も、スターウォーズの最初の音がリフレインします(笑)
スポンサーサイト
Date: 2016.05.23 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター