2016/7/27 in仙台

7.29記

この日の仙台は、思ったほど暑くなくて良かったです。
それよりも、出かける前の上越の雨が凄かった…

==================================================
2016.7.27 新潟日報モア

県内は27日朝にかけて、北陸地方に暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となった影響で、上越地方を中心に非常に激しい雨が降った。
新潟地方気象台によると、同日午前9時までの24時間降水量は上越市(高田)で242・5ミリ、1時間降水量は上越市(筒方)で最大52・5ミリとなり、いずれも観測史上最大を記録した。

24時間降水量はほかに、上越市(筒方)で119・0ミリ、糸魚川市で103・0ミリ、上越市(大潟)で90・0ミリなど。

気象台は、上越地方では大気が不安定な状態がしばらく続くとして、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意を呼び掛けている。

上越市のまとめによると、27日午後0時半までに、42カ所で道路が冠水し、土砂崩れが十数カ所発生した。
住宅2棟が床上、住宅など11棟が床下浸水した。
避難準備情報は26日午後11時に解除したが、自宅裏の斜面が崩れたとして五智地域の町内会館に1人が避難している。

上越市の春日山城跡では、中腹にある三の丸付近ののり面が崩落し、土砂が市道をふさいだ。市は土砂崩れの危険性があるとして登山道を閉鎖し、観光客の立ち入りを禁止した。

また高田公園の堀があふれ、公園周辺の道路が冠水した。

妙高市は27日午前6時半、土砂災害の恐れが高まったとして雪森、青田、神宮寺、宮内、西乙吉の計180世帯521人に避難準備情報を出した。斐太北小学校に避難所を開設し、13人が一時避難したが、午前11時40分に解除された。

えちごトキめき鉄道は27日、妙高はねうまライン直江津-妙高高原間で始発から運転を見合わせた。正午現在、特急「しらゆき」7本が区間運休、普通列車36本の運休が決まった。

====================================================

スポンサーサイト
Date: 2016.07.29 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター