【聴いてきました】平成28年度 新潟県吹奏楽コンクール 大学の部、職場・一般の部

2016年8月7日(日)
上越文化会館

前日同様、午前中は自分の学校の部活。大学の部の演奏開始に合わせて文化会館へ。

着いたら、中Aの演奏が終わった直後。
県代表の発表前でした。
中Aの代表の皆さん、おめでとうございます。
3回目の演奏、さらに磨きをかけてくださいね。

さて、大学の部は1団体。
今回は学生指揮での演奏でした。
ここ数年来続いていた「アレンジもの」や「名曲」ではなく、
スパークの大曲、「宇宙の音楽」を演奏。
非常にアンサンブルが難しい曲ですが、よく吹ききったと思います。
強奏の粗さや、混雑したアンサンブルの整理など、課題はあると思いますが、
まずは、よく吹ききったと思います。
これから合宿もあると思いますが、さらに精度を上げて、西関東に臨んでほしいと思います。
課題曲は、リズムセクションの安定さが必要ですね。

職場、一般の部は7団体。いつもの顔ぶれ。
金賞・代表の三条市吹の自由曲は委嘱作品でした。
西関東での初お披露目も期待です。
もうひとつの代表、新潟WOは指揮者が代わりました。
音はWOらしさが出ていました。自由曲はきっともっとすっきりできると思いました。

それにしても特筆すべきは、今回の7団体の課題曲。
新井を除いて、すべて課題曲「Ⅰ」!!
新井もⅣでしたから、すべてマーチという、異例の選曲。
本当の意味での課題曲では?(笑)
Ⅰを選んだ6団体の課題曲を、否が応でも比較して聴くことになったのは言うまでもありません。

かつて、部門毎に課題曲が設定されていた時代がありました。
今回、それでもいいんじゃない?と思ったりしました(審査員も課題曲は評価しやすいだろうし)。
でも、これだけ課題曲の選曲に偏りが出ているのは、あまり好ましいことではないのでは、と思います。
(昨年度のⅡも同様)

とはいえ、それまで中、高、大と、学生らしいエネルギッシュな演奏を聴いてきた中で、
良い意味でスマートな大人の演奏を聴かせていただきました。

会場では、前任校の教え子に偶然再会。一般バンドに入り、今日は初コンクールだったとのこと。
嬉しかったです。がんばれー。

帰り道、歩きながら、頭の中は課題曲Ⅰのヘビーローテーションだったことは、言うまでもありません。
(ときおり、「K点」と交ざりながら(笑))
スポンサーサイト
Date: 2016.08.08 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター