スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2016/11/22 地震

NHKオンライン 2016.11.22 19:53配信

福島県沖でM7.4の地震 1週間程度は同規模の地震に注意

22日朝、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、福島県などで震度5弱の揺れを観測したほか、宮城県の仙台港では1メートル40センチの津波を観測しました。
東北や関東などの沿岸に出されていた津波警報や注意報はすべて解除されましたが、気象庁は、今後、1週間程度は同じ規模の地震が起きるおそれがあるとして注意を呼びかけています。

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、気象庁は一時、宮城県と福島県の沿岸に津波警報を、青森県から千葉県にかけての太平洋沿岸と千葉県内房、それに伊豆諸島に津波注意報を発表しました。

その後、東北から関東の太平洋沿岸を中心に各地で津波を観測し、仙台港では午前8時3分に1メートル40センチの津波を観測したほか、福島県相馬港で90センチ、岩手県久慈港で80センチ、茨城県大洗港で50センチ、千葉県館山市で30センチ、東京・伊豆諸島の八丈島八重根で30センチの津波をそれぞれ観測しました。

その後、気象庁は午後0時50分までに、各地に出していた津波警報や津波注意報をすべて解除しました。22日いっぱいは多少の潮位の変化はあるものの、津波の被害の心配はないということです。

また、この地震で震度5弱の強い揺れを、福島県のいわき市と白河市、須賀川市、南相馬市、広野町、楢葉町、双葉町、浪江町、それに茨城県高萩市、栃木県大田原市などで観測しました。このほか、北海道から中国地方にかけての広い範囲で震度4から1の揺れを観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で、震源の深さは25キロ、マグニチュードは7.4と推定されています。気象庁は、今回の地震は5年前の巨大地震のあと地震活動が活発になっている地域で発生していて、一連の活動と見られるとしたうえで、「今後、1週間程度は同じ規模の地震が起きるおそれがあり、その場合は最大で震度5弱程度の揺れを伴う地震が起きて、再び津波が発生する可能性もある」として引き続き注意を呼びかけています。

今回の地震について活断層のメカニズムに詳しい東北大学の遠田晋次教授は「東日本大震災が起きたあと、その周辺の断層が不安定になって、動きやすくなっていて、今回の地震もこうした要因で起きたと考えられる。今回は、海底の断層が横ずれではなく、上下に動いたため海面も大きく動き、比較的高い津波となって到達した」と分析しています。

そのうえで、特に仙台市で高い津波が観測された理由について「津波は断層が走る方向に大きくなる性質があり、今回は、その方向に仙台湾があったため、津波が大きくなった。また、湾内で津波が反射を繰り返したため、さらに大きくなったと考えられる」と話しました。
さらに「今回の地震は震源が浅く、周囲には活断層も多いため、今後、震源の周辺で地震活動が活発化するおそれがある。また、断層が動いたことによる地盤のひずみは、福島県の浜通りの周辺にも及んでいるので、内陸部でも地震活動に注意が必要だ」と指摘しています。

==================================================

うちのテレビは、5時55分にタイマーで付くようにしています。
寝ぼけ眼で、「あ、テレビ付いた…」と思ってたら、例のあの音でした。
即、飛び起き、震源は東北地方。
「震度5弱かー」(この時点で感覚がマヒしてます…)
と思ってたら、津波「警報」が。
NHKのアナウンサーの語気が一気に強まりました。
「早く逃げてください!東日本大震災のことを思い出してください!」
(以前、防災特番で、このリハーサルをしているところを見ました。さすが冷静な対応)
数十秒後、アパートが「ゆらーり、ゆらーり」と。
明らかに、活断層型とは違う揺れを感じました。
(上越市は、最大震度3)

地震ニュースは、ずーっと付けっぱなし。危うく職場に向かうのを忘れるところでした。
幸い、大きな人的被害が出なかったようですが、太平洋岸の方々の心中お察しします。

今回も、映像で、「引き波」や「河口からの遡上」の様子が映し出されました。
改めて、津波の恐ろしさを感じました。

ちなみに、これも以前の防災特番でやってた、津波のこと。

「数cm」で、津波は岸壁を乗り越えます。気をつけないと、足をとられます。
「数十cm」は、絶対に逃げなければならない規模であることを覚えておかなければなりません。
今回、各地で観測された「30cm」とは、急流を裸足で遡るときのような感覚で、
よほどしっかり踏みしめなければ、あっという間に流される、そうです。
(高齢者なら、ほぼ確実に足を取られます)

「1m」の津波が押し寄せてきたら、間違いなく、「死」を覚悟しなければなりません。
自分の身の丈の半分くらいの「水の塊」が猛スピードで突っ込んでくるのが津波の感覚、だそうです。

ということで、今回仙台港で観測された1m40cm。大きな被害が出なくて、本当に良かったです、と思うほどの恐ろしい規模だと言うことが、分かると思います。
1m以上の津波が襲来したのは、東日本大震災以来とのこと。

災害は、忘れた頃に、やってくる。
東日本大震災ですら、そうなのです。
スポンサーサイト
Date: 2016.11.22 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。