【聴いてきました】新潟ウィンドオーケストラ 第58回定期演奏会 

2016年12月4日(日)13:30開演
りゅーとぴあコンサートホール

うぃんど

ロビーコンサート

金管アンサンブル
フルートアンサンブル
クラリネットアンサンブル

【第1部】 指揮:汐澤泰彦
セカンド・センチュリー(A.リード)
エルザの大聖堂への行列(R.ワーグナー/L.カイエ)
バンドのためのゴジラファンタジー(伊福部昭/和田薫)
吹奏楽のための第1組曲(G.ホルスト)

【第2部】 指揮:山内信英
ハリウッド万歳
オーメンズ・オブ・ラブ
アフリカン・シンフォニー
ディズニー・ファンティリュージョン!

【アンコール】
イン・ザ・ムード(指揮 山内信英)
ラルゴ(ヘンデル)(指揮 汐澤泰彦)
君の瞳に恋してる(フルートとバンドのための)(指揮 汐沢泰彦 フルートソロ 山内信英)
エル・クンバンチェロ(指揮 汐澤泰彦)
ラデツキー行進曲(指揮 汐澤泰彦)

アンコール5曲!?(笑)

それはさておき。
12月とは思えない、穏やかな天気でした。
創立30周年、おめでとうございます。
客演指揮に汐澤泰彦氏を迎えての記念演奏会でした。

1部は、吹奏楽の定番曲をずらりとならべて、ある意味豪華なステージ。
これらの演奏をマエストロの指揮で聴けたのはよかったです。
ところどころ、マエストロならではの解釈もあり、それもまた興味深かったです。
エルザの演奏の直前で雑音が入ってしまったのは、非常に残念でした。
(この演奏会なら、“未就学児お断り”でもいいと思うのですが…)
演奏者の皆さんの集中力はすごかったです。

2部も、これまた吹奏楽ではおなじみのポップスアレンジ。
演奏者の皆さんも手慣れた感じで、楽しんでいる様子が伝わってきました。

そして、プログラム「後」の演奏、これもまた、盛り上がりました。
「君の瞳」と「エルクン」を、マエストロが振る! なかなかない機会に出会えました。
マエストロって、やっぱりすごいんだなー(語彙が乏しい…)

最後のラデツキーは、ニューイヤーコンサートみたいな温かい雰囲気となりました。

FBによれば、これまでで最高の入りだったようです。

常任指揮が交替し、また新たな時代の突入といったところでしょうか。
今後も、新潟県の一般バンドのトップランナーとして、ますますの活躍を期待しております。
上越でも演奏会、やってくれませんかね(笑)

ところで、今回の演奏会には、前任校の吹部OG2人がオンステしてました。嬉しいことです。
帰り、前任校の吹部OGに会いました。「こんなところで会うなんておもいませんでしたー」「うん、おれも(笑)」。
会場に、前任校の吹部OGらしい子を見かけました。
「あー、ここは新潟なんだな-」と思いつつ、満たされた気持ちで上越に帰ってきました。

今月は、演奏会ラッシュ。
次の週末は、上越ヴォーカルアンサンブルコンテストと、上越教育大学吹奏楽団定期演奏会。
さらに次の週末は、新潟大学吹奏楽部定期演奏会。
そして、吹奏楽のアンサンブルコンテストも行われます。
寒い冬に負けない、温かい音楽で満たされますように。
スポンサーサイト
Date: 2016.12.07 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター