2012/3/11 わたしの「3・11」

初代ブログに書いたのに、消えちゃったので、
改めて書きます。

「私の2011・3・11」

この日は、高校入試の合格発表。
15:00の発表を前に、学校前には中学生や親がたくさん集まり、
在校生は部活勧誘のビラ配りの準備で中庭に集結していた。

14:46
そろそろだな、と思って会議室を出た瞬間、校舎が右に大きく揺れた“感じ”がした。
最初は、「ん?」と思ったが、中庭にいた吹奏楽部の連中が、「ゆれてますよね?!」と言ってきた。
「収まるまで校舎から離れなさい」と言った瞬間、
グラッと大きな揺れを感じて、思わず壁に手をついてしまった。
中庭の生徒には、地面にかがむように指示。

その揺れは、かなり長く続いた。
収まったところで、近くにいた校長先生は、すぐに「校舎内の点検を!」

発表用ボードを立てかける準備をしていた先生方は退避して、
合格発表は15:15に延期。

私は、まず5階音楽室へ。幸い楽器の被害はなかった。
隣の美術室では、美術の先生がテレビをつけてた。
「東北で最大震度7、大津波警報発令」
“大津波警報?! そんなの初めて聞いた”
それを見ていた時にも、揺れが。

4階の普通教室(自分のHR)も特に異常なし。
中庭にいた生徒は校舎から離れたところに退避していた。

15:15 合格発表
合格を喜ぶ生徒が多かったものの、いくぶん静かな印象も受けた。
電車が止まって、合格者受付に大幅に遅れた生徒がいたものの、無事に終了。

その後、入試の後片付けをして、教務室で仕事をしていても、
なんだか落ち着かない。度重なる余震も。

定時に帰宅し、家でテレビをつけてみると…
信じがたい事態になっていたわけです。

各テレビ局が地震情報を流し続ける中、
翌日の部活について考えて、交通機関の状況を鑑み、部活は中止に。
(結局、部活はできたのですが、判断は誤っていなかったと思っています)

翌日 3:59
緊急地震情報。ガタガタっと比較的大きな揺れ。
テレビをつけると、震源は長野県北部。M6.5。最大震度6強。
上越の揺れも大きかったようで、朝方だが、すぐに私と嫁はお互いの実家へ電話。
いずれもつながり、無事を確認。

翌日は土曜日で部活は休みにしたものの、事態が事態だけに、出勤した。
合格発表や旅行などで東北・関東地方に出かけている生徒がいるかもしれないとのことで、
全クラスが緊急連絡メールを使って、安否確認を開始。
最後の一人が、東京に出かけていて地震に遭ったものの、なんとか新潟に帰れたということだったが、
ほかは全員無事を確認。


…そのあとのことはあまり覚えてません。
たぶん、その次の日は部活を再開したのだと思います。

何と言っても、心配だったのが、
「定期演奏会はできるのか?」
「できたとして、演奏会中に地震になったら?」
「計画停電に引っかからないのか?」
「部活は通常通りできるのか?」

不安は募るばかりでした。

でも、幸い演奏会の日は計画停電の日程から外れ、ほぼスケジュール通りに
事は運び、無事に演奏会を終えることが出来ました。

生徒の提案で募金箱を設置し、集まったお金は校長先生を通して東北地方の高校に届けられました。

「今年の3・11」
コンクールでやった「ノアの方舟」の合奏練習を入れてました。
後半を通し終わったのが、14:46。
全員で東北地方の方角に向かい、1分間の黙祷をしました。
すすり泣きが聞こえました。
いろいろと感じてくれて、ありがとう。

定期演奏会をおそらく無事に迎えられるであろう、その幸せを感じつつ、
あとひといき、がんばりたいと思います。
スポンサーサイト
Date: 2012.03.12 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター