2011/8/21 光と影のシンフォニー

※8/19,20 記事を追記しました。

ついに行ってきました。藤代清治。
CMでもバンバンやってたし、4年前に長岡で見た嫁がはまって今回も行きたがってたし、
気になっていた催しもの。

心があったかくなりました。

ほとんどは初めて見たものでも、
以前見たことがあるような、
そんな懐かしさを感じさせる影絵でした。

そのなかで、
童話をモティーフにした連作の影絵が、特に印象的。

そして、「ネコ」と「こびと」と「ケロヨン」も。
ネコ好きのkodaman.にはたまりません。

ストーリーと合わせて影絵を見るとファンタジーの世界が
より鮮明になって、終わりの方ではグッときてしまいました。

さらに、聖書をモティーフにした絵もいくつか。
その中に! あの「ノアの方舟」も!!!
動物たちが方舟に乗り込んでいく様子と、ハトが方舟に舞い降りてくる様子の2枚。
後者は2m四方?くらいの大きな影絵で、
繊細ななかにも迫力あるというか、インパクトある絵でした。
同じモティーフを音楽と影絵という異なった表現方法で接したわけで、
またひとつ、勉強になりました。

影絵って、こんなに人の心を温かくさせてくれるものなのですね。

10月までやってます。
見に行ってない方、もともと興味がないという方、
是非是非。

ちなみに、4年前、長岡の近代美術館でもやってますが、
一つの県で2回やったというのは、新潟がはじめてなのだそうです。

萬代橋や市街地の俯瞰といった、新潟ゆかりの影絵もみることができます。
是非是非。
スポンサーサイト
Date: 2011.08.21 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター