【演奏会レポート】新潟ウィンドオーケストラ 第51回定期演奏会

2013年4月28日(日)
新潟県民会館 大ホール

第1部
エンターテインメント・マーチ(川北栄樹)
流沙(広瀬正憲)
ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス(D.R.ギリングハム)

第2部
タヒチ・トロット(D.ショスタコーヴィチ)
ミス・サイゴン(C.M.シェーンベルク、A.ブーブリル/J.デ=メイ)

第3部
行くぜ!怪盗少女
ティコ・ティコ
恋のマカレナ
サザン・オールスターズ・メドレー
シェリト・リンド

アンコール
ジュピター
マンボ№5

ウィンドの県民会館での演奏会は、かなり久しぶりです。
そりゃあ、ラ・フォル・ジュルネまっただ中でしたからね。

1部は「ウィズ・ハート~」で」本領発揮といった感じでしょうか。
子どもの賑やかな声に若干集中力が切れましたけど、
コーダ部分の熱さは、今回のテーマ「常夏」(なぜ?笑)にある意味、合ってましたね。
グッとくるものがありました。

2部の「ミス・サイゴン」。
デ=メイ版は初めて聴きました。
kodaman.としては、ミスサイゴンは思い入れの強い曲(高校のマーチングでやった曲)。
それにしてもこの編曲、ハードでしたね。
(いつも思いますが、ウィンドさんの選曲は本当にハードですね。敬服します)
この編曲では、サイゴン陥落の激しい場面が取り上げられていなくて、ちょっと残念でしたが、
ミス・サイゴンの迫力満点の好演でした。

3部。熱かったですね~(笑)
ももくろの皆さん、ハワイアンクラブの皆さん、おつかれさまでしたー!
そういえば大学時代、「ラテン特集」でポップスステージをやったことがありましたが、
そのときのような「熱さ」を彷彿させるステージでした。

松井氏とのアンサンブルも、すっかり板についた感じですね。
いつも上質なアンサンブルを聴かせてもらっています。
県民会館がほぼ埋まったのも人気が定着した証拠ですね。
おつかれさまでした。


スポンサーサイト
Date: 2013.04.29 Category: 演奏会レポート  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター