スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

【演奏会レポート】2013西関東吹奏楽コンクール 高等学校Aの部

今回は、役員に就くこともなく、客席でほぼすべての団体を聴くことができました。

以前、りゅーとぴあで高Aが開催されたのは、ほぼ10年前の平成16年(第10回)。
西関東吹連HPで確認したんですけど。
確か、埼玉栄が3出で招待演奏だったと思うのですが、
最初の一音が“初めて聴く音”で、息をのんだのを今でも覚えています。

さて、各団体の感想を書くことはしませんが、思ったことを書きたいと思います。

○課題曲
Ⅲ、Ⅴ、いずれも6団体ずつ演奏されました。
Ⅲはソロのスタンドプレイもあったりして、個性の光る演奏が多かったと思います。
でも、やっぱり大事なのは、ベースとビートなんですね。
どの団体も安定していて聴いてて心地よかったです。
Ⅴは、食わず嫌いの現代曲なのですが、一歩踏み込んで解釈している団体が多いのに驚きました。
埼玉のⅤの演奏団体が、みな違う解釈だったのが印象的でした。
一方のマーチですが、「課題」ですから、こなさなければならないのは分かるのですが、
昔の課題曲のマーチのほうが、やりがいのある曲が多いように思うのは私だけでしょうか。
(演奏が下手だったとか、そういう意味ではなりません)

○Aグループ
ファゴット2本(うち1本はコントラファゴット持ち替え)、バスクラ1本(コントラバスクラと持ち替え)、
バリトンサックス2本、テューバ4本(うち1本はエスバス)、コントラバス2本。
ある団体のAグループは、こんな感じでした(記憶違いかもしれませんが)。
低音の厚さもさることながら、特殊楽器を惜しげもなく使ってる。
これだけの人数を低音に割けるのは、55人フルにステージに乗せられた場合ですよね。
で、楽器だけではなく、音も太くしっかりしていた。

○Bグループ
上位校はホルンが上手い!と感じました。
トロンボーンも一昔に比べてバランスを考えずに吹くことはなくなりましたが、逆に物足りない感じもしました。

○C、Dグループ
前2列の並び方に注目して聴いてました。
上位校はトランペットとクラリネットの音がまとまっていて、音色がきれいでした。

○打楽器、鍵盤楽器
楽器の数や種類が団体によって差が大きかったです。
羨ましい楽器が多かったです。本当に。なにあのマリンバ(笑)。
もう、ハープは当たり前になってきましたね。

○聴衆
演奏者の聴く態度、「こいつらー(怒)」と思うことは基本的になかったです。
あと、「メモしながら聴く生徒」もいなかったです。寝てる生徒は…たぶんいなかったです。
(まあ、気にならなかったか、目に入らないほどkodaman.が集中していたのか)
県大会は…(笑)

○全体的に
コンクールだけど「演奏会」のような余裕を感じさせる演奏が多く、飽きずに最後まで聴けました。
コンクールだけど、楽しかったです。

上位校は、個人の技術水準が高い。当たり前だけど、演奏中にミスはしない。
微妙なピッチやザッツのズレこそあっても、それを補ってあまりあるバンドのまとまりがある。
そして、それを引っ張ってる指導者。

代表になるためには、金賞を受賞するためには、
「何が足りないのか、何を補うのか」を技術的にも精神的にも自覚して、
真剣に練習すること。
厳しけりゃいいってもんじゃない。長時間練習すればいいってもんじゃない。

コンクールのステージを「悔いなく」終えるためには。
私は、まだまだ考えていかなければならないことです。
スポンサーサイト
Date: 2013.09.09 Category: 演奏会レポート  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ikaubon

Date2013.09.15 (日) 20:00:04

お久しぶりです。いつの間にかまた見やすくなっておりました。コンクール今年は2年連続でAの部で、課題曲はⅣでした。確かに昔の「K点」などはやりがいのある曲だったと思います。
さて、ご存じかと思いますが、宣伝させていただきます。
新潟シューベルティアーデは、例年2月に定期公演を行っておりますが、昨年より秋にも勉強会を兼ねたレクチャーコンサート的なものを実施しております。よろしければお越しください。
「新潟シューベルティアーデ 〜レパートリー研究会vol.2 」
第2回 歌曲展 四人の詩人たちの競演 シラー、ヘルティ、マティソン、マイアホーファー
10月13日(日曜日) KAWAI新潟センター内COMODOホール 14時開演
資料代 500円(プレイガイド:コンチェルト)
案内人(栄長敬子・片桐寿代・佐藤匠・田辺千枝子・中森千春・八子真由美ほか)
連絡先:025-266-0173(栄長研究室)090-9343-6236(栄長) Mail:tek310@oak.ocn.ne.jp(佐藤)
2月の定期公演は毎回1週間ほど前にチケット売り切れますのでお早めに連絡ください。

kodaman.

Date2013.09.16 (月) 21:01:07

>ikaubon 様

ご無沙汰しております。
現場を離れまして、すっかりいろいろなものに距離を感じてしまう今日この頃です。
ご案内、ありがとうございました。
現時点では予定が分からないのですが、都合がつけば
足を運びたいと思ってます。

匠くんにも宜しくお伝えください。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。