巨匠、また逝く…

吹奏楽ポップスの作編曲家、指揮者の岩井直溥さんが、昨日(5月10日)亡くなられたそうです。
享年90。
昨年度の吹奏楽コンクール課題曲Ⅲ「復興への序曲 夢の明日に」の印象がまだ強く残っています。

30~40歳代の吹奏楽経験者であれば、
今のように吹奏楽ポップスの楽譜が少なかった頃、
岩井アレンジのニューサウンズ(たまにM8やバンジャの付録楽譜)で、随分楽しく演奏していたのではないでしょうか。

新潟であれば、糸魚川吹奏楽団の演奏会で客演指揮によくいらしていたことを記憶しています。
残念ながら演奏会を聞くことは叶いませんでした。


個人的には、アルフレッド・リード(2005年没)やフレデリック・フェネル(2004年没)の訃報と
同じくらいの衝撃。

吹奏楽になじみない方でも、
よく甲子園の応援で流れている「アフリカン・シンフォニー」くらいは聞いたことあると思いますが、
あれは岩井先生のアレンジです。
(あれは吹奏楽のオリジナルではなく、ヴァン・マッコイのディスコナンバーのアレンジです)

また、コンクール課題曲も6曲作曲されてます。

シンコペーテッド・マーチ「明日に向かって」 - 1972年度
ポップス・オーバーチュア「未来への展開」 - 1975年度
ポップス描写曲「メイン・ストリートで」 - 1976年度
ポップス変奏曲「かぞえうた」 - 1978年度
ポップス・マーチ「すてきな日々」 - 1989年度
復興への序曲「夢の明日に」- 2013年度 (委嘱作品)

演奏したことがあるのは、明日に向かって(某一般バンドの演奏会)とすてきな日々(中2コンクール)。

岩井先生の吹奏楽やポップスに対する熱意のおかげで、
今の吹奏楽の隆盛があるといっても過言ではないと思います。

ご冥福をお祈りするとともに、一吹奏楽人として感謝を申しあげたいと思います。
岩井先生、ありがとうございました。
スポンサーサイト
Date: 2014.05.11 Category: 吹奏楽  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ikaubon

Date2014.05.18 (日) 19:02:01

 昨日は、NEWS音楽監督の結婚披露宴&二次会でたいへんお世話になりました。特に二次会ではたいへんたいへんありがとうございました。
 岩井直溥さんの訃報知りませんでした。昨年の課題曲はコンクールではやりませんでしたが、コンサートで演奏させていただき、最後まで候補に残っていました。「アフリカン・シンフォニー」など編曲ものもたくさん演奏させていただきました。ご冥福をお祈ります。

kodaman.

Date2014.05.20 (火) 21:22:31

ikaubon 様

>  昨日は、NEWS音楽監督の結婚披露宴&二次会でたいへんお世話になりました。特に二次会ではたいへんたいへんありがとうございました。

こちらこそ、素晴らしいステージを聴かせていただき、感激しました!
シューベルティアーデさんのご案内をいつもいただいておきながら
なかなか聴く機会を得られなかったのですが、新郎新婦のおかげで
演奏を聴くことができました!
この演奏がタダで聴けるなんて!というこざかしいことまで考えてしまいました…すみません(笑)
二次会、とにかく不安でした(爆笑)が、新郎新婦にも喜んでいただけたようですし、
皆さん笑顔で帰られたので、まるで一つの演奏会の実行委員の役目が終わったような充実感でした。

>  岩井直溥さんの訃報知りませんでした。昨年の課題曲はコンクールではやりませんでしたが、コンサートで演奏させていただき、最後まで候補に残っていました。「アフリカン・シンフォニー」など編曲ものもたくさん演奏させていただきました。ご冥福をお祈ります。

私は、岩井さんの作品は大学時代に一番たくさん演奏したと思います。
アメグラシリーズは不朽のポップスアレンジですね!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター