スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

題名のない音楽会

昨日の「題名のない音楽会」(UX 9:00~9:30)は、
放送開始50周年記念企画の、
「三大吹奏楽団合同バンド」演奏(前編)でした。

東京佼成WO,大阪市音楽団、シエナWOのメンバーからなる合同バンド。
テレビで見る吹奏楽の演奏も、生の迫力が「それなりに」伝わってくるものでしたが、
昨日の演奏は、迫力が「びんびん」伝わってくる、すごいものでした。

アフリカン・シンフォニー
ボレロ・イン・ポップス
アルメニアンダンス パート1より「行け行け」
第1組曲(ホルスト)より 第3楽章

指揮 佐渡裕(アルメニアンのみ、丸谷明夫)

「新しいページを、めくりましょー」のいつものかけ声は
トーンが10倍くらい高め(客席は女子中高生ばかり!)

3つのオーケストラ、いずれも個性的で独自のサウンドを持っていますが
(それがやっと分かるようになったのですが)
混ざると、こういう音になるんだー と感慨深くなりました。

この日の白眉は、ホルスト1組。
不覚にも、中間部で目頭が熱くなってしまいました。

正直なところ、サウンドやタテに微妙なズレはあったのですが、
(ライブだから当然と言えば当然)
そんなことは、どうでもいい、「音楽」が聞こえてきました。

何回も聴き、何回も吹き(ほぼ暗譜でいける)、「これはこういう曲」ということが
分かっていても、新鮮な響きがテレビを通じて聞こえてきました。

いやー、ライブで聴きたかった。
今後も、是非やってほしい!

で、来週の後編の予告を見ると…
「真島さん? ベイ○リーズ?」 「東海林修? まさかアレ?」
楽しみですな-

追記
前半2曲は、いずれも岩井直溥氏のアレンジ作品。
この収録は岩井さんが亡くなる前(2月?)だったはずですが、
どうしても、岩井直溥メモリアルのように聞こえてなりませんでした。
スポンサーサイト
Date: 2014.06.16 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。