スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2014/11/16 今日の「題名のない音楽会」

今年4月、大阪市直営から独立した大阪市音楽団の特集。
「出直しまっせ!大阪市音楽団」

大阪市の“信じられない”行政改革を契機に独立した「市音」ですが、
この番組の司会、佐渡裕氏も応援者のひとり。

2週にわたって特集するそうで。
応援者のひとりとして、嬉しい企画です。

・映画「ロシュフォールの恋人たち」より キャラバンの到着~マクサンスの歌(M.ルグラン/宮川彬良)
・ハンガリー舞曲第5番〈関西吹き版〉(J.ブラームス)
・大阪弁ラーニング(宮川彬良 歌:ダイナマイトしゃかりきサーカス)
・「宇宙戦艦ヤマト2199」よりヤマト渦中へ(宮川彬良)
・コスモタイガー2199(宮川泰/宮川彬良)

興味深かった、関西吹き版「ハンガリー舞曲」。
語尾を上げる(伸ばす?)大阪弁が、音楽にも出てくる…ってことで、“どろソース”のような「ハンガリー舞曲」。
…是非、東京佼成と比べ聴きしたいです(笑)

そういえば、高校のとき、こんなことありました。
ある年のコンクール自由曲候補に、大栗裕の名曲「大阪俗謡による幻想曲」が挙がりました。
それを聞いた講師の先生いわく、
「え? あかんあかん、関西人でなきゃ、あの曲の良さ出ないよ」

結果、自由曲候補からは落ちましたが、定期演奏会では演奏しました。
でも、自分たちの演奏録音と、淀工や市音の演奏を比べると、
確かに、なにかちっがうんだよな。

同じ楽譜で、同じ楽器で、演奏されているはずなのに、
やっぱり、音をつくるのは、人間なんだなー

「大阪弁ラーニング」、さすがアキラさん!
昔に比べて、大阪弁が身近になったけど、東日本の人間にはまだ分からないことだらけ。
楽しく勉強させてもらいました(笑)
曲の雰囲気は、まるでマツケンサンバ!

来週は、丸谷先生&淀川工科吹奏楽部も出演するそうです。
スポンサーサイト
Date: 2014.11.16 Category: 吹奏楽  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。