スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2014/12/24 えちごトキメキ鉄道のことを書こうと思うんだけどね。

北陸新幹線ダイヤ発表記念シリーズ第三弾(最終回)です。

並行在来線が分離独立して誕生する、えちごトキメキ鉄道。
ちなみに、分離する長野-金沢間は、次の会社に移譲されます。

長野-妙高高原   しなの鉄道(北しなの線)
妙高高原-直江津 えちごトキメキ鉄道(妙高はねうまライン)
直江津-市振    えちごトキメキ鉄道(日本海ひすいライン)
市振-富山-倶利伽羅  あいの風とやま鉄道
倶利伽羅-金沢   IRいしかわ鉄道

これまでは「信越本線」「北陸本線」という、国内最大級の幹線鉄道の一部だった路線が、
これを機に、名実ともに「ローカル鉄道」としての役割を担うことになります。

ローカル鉄道として最も有益と思われる「中距離輸送」に特化した輸送形態になります。
今後、県境を越えて移動する場合は、新幹線を利用すればいいわけですから、
わざわざ県境を越えるほど長距離運転する必要がなくなるわけです。

ですから、これを機に、運行本数を増やすケースが多くなりました。
あとは、鉄道会社間の乗換がある程度便利になるといいですね。

さて、新潟のトキメキ鉄道。
並行在来線であるがゆえに誕生した新たな鉄道会社ですが、
上越の鉄道輸送形態は、非常に複雑になります。


直江津-柿崎  JR東日本・信越本線
犀潟-松代    北越急行
直江津-妙高高原(旧JR東日本)えちごトキメキ鉄道
直江津-市振(旧JR西日本)  えちごトキメキ鉄道
糸魚川-小滝   JR西日本・大糸線
これらの路線に、JR東日本・北陸新幹線とJR貨物の列車が乗り入れることになります。

狭い上越地方に、実にこれだけの鉄道会社が入り込む事態になりました。
単純に「私鉄」が入り込んでいるのとは訳が違います。

会社は違うので、料金体系・ダイヤ編成は基本的に会社毎につくります。
「連携」をとるとはいえ、採算をとるために、それぞれの会社のポリシーがあるはずです。
更に言うと、えちごトキメキ鉄道と北越急行は、県や沿線市が出資する第三セクター。
両方ともほぼ同じ出資元でありながら、別々の鉄道会社。

…うまく行くんでしょうか?

上越地方の交通網は、古くからとても分かりやすい構造をしています。
北は日本海、他の三方は山に囲まれ、中央に高田平野。
この高田平野を中心に、ほぼT字状の交通路が形成されています。
そして交通流動のほとんどは、この高田平野内で完結しています。
鉄道がローカル線としての役割を担うのなら、この完結型の交通流動状況を踏まえた
運行形態やダイヤ編成を考えるべきだと思います。

ここからはあくまでも私案です。
こんなふうにすると、上越の鉄道が利用しやすくなるのでは?
1.直江津-柏崎間を、えちごトキメキ鉄道に編入する。
2.上越妙高駅の拠点性を高める。
3.えちごトキメキ鉄道と北越急行の統合

まあ、限りなく夢物語ですが…
かつて、通学で鉄道利用していたkodaman.としては、
少しでも「高校生に優しい」ダイヤになってほしいわけです。
高校生は、鉄道利用のニーズが特に高い世代ですよ!

つらつら書いてまいりました。
最後に。かつて、太平洋側と日本海側を結ぶ大動脈として活躍してきた信越本線。
高崎-新潟間も、次のようにズタズタに…

高崎-横川   JR信越本線
横川-軽井沢  廃止(長野新幹線開通による)
軽井沢-篠ノ井 しなの鉄道(長野新幹線の並行在来線)
篠ノ井-長野  JR信越本線
長野-妙高高原 しなの鉄道北しなの線
妙高高原-直江津 えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン
直江津-新潟  JR信越本線

路線名、変えないのかねえ?
「信越」の名前も、有名無実化するし…

さあ、久しぶりに鉄道語ったなー
帰省は、車です(笑)





スポンサーサイト
Date: 2014.12.24 Category: 鉄道  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。