スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2015/2/26 ちょっとだけ入試地理のことを語る。(SESV講習、明日最終日!)

・受験生に余計な不安を煽りたくなかったので、今まで書かなかったけど、思うところあったのでちょっとだけ書く。

・まず、センター試験の地理。平均点は、ここ数年で最低(58.59点)。
私もセンター試験の翌日、解きました。
第1問を終えた時点で、「平均点、かなり下がるな…」と思いました。
そう、今回面倒だったのは、よりによって受験生が苦手とする自然環境が出題された第1問だったのです。

自然環境は、地理の授業ではあまり深入りできない分野なので(理論に深入りすると地理ではなくなる)、
難題にしにくい分野です。
今回の第1問は、「難しかった」というより、「面倒だった」といったほうが適切だと思います。
時間をかければ、各小問は難しくありません。むしろ易しいくらい。
でも、グラフの読み方で手が込んでいたり、問題文が紛らわしかったりすると、
時間がかかってしまい、正しい選択ができず、誤答してしまう。といった感じです。
初見で第1問に見切りを付け(後回しにして)、第2問以降を先に取り組んだ人は、焦らず解答できたかも。
ちなみに、第3問も「面倒な印象」でした。
出題内容は、本当によく練られた良問揃いです。センター過去問は、大切にしましょう。

・終わったばかりの東京大学前期試験の地理。
いやあ、毎度毎度、惚れ惚れする出題で(笑)。問題を眺めているだけでワクワクしますね。
第1問 自然環境と人間生活
地形図使用は定着しましたね(昔はレアケースでしたが)。3枚も使っちゃった(長野県伊那盆地)。
第2問 貿易
アフリカの貿易事情と日本の野菜輸入について。日本ネタがやや難かな。
第3問 日本の都市と社会変化
前半が解きやすい分、第3問にどれだけ時間がかけられたかが勝負だったかも。
良問ながら、グラフの読み取りに時間がかかったのでは?

東大地理は、他大学の出題にも影響を与えています。
そして私も、考査問題等を作成するときは参考にさせてもらってました。
本格的に新課程生が受験する来年度は、どんな出題になるのか。楽しみです。

・ちなみに、今日現在公表されている国公立前期試験の地理の問題のうち、
北海道大学と名古屋大学で、新潟県内の地形図が使われていました。
(北大…新潟市江南区、北区。名大…津南町)
新潟県内の地形図って、入試問題や模試の問題では、よく使われているんですよね。
だからといって、新潟県内の受験者に有利になるわけではありませんが…
(自信を持って答えられる、くらいは言えてほしいけど)

今日の書き込み、終わりー!
スポンサーサイト
Date: 2015.02.27 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。