スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

【kodaman.的“やや”乗り鉄な旅】その4 1日目 軽井沢→直江津(泊)

軽井沢は…暑かった。
でも平日だったから観光客は少なかった。
ただし、いつもの軽井沢に比べて、の話であって、
駅向かいにあるアウトレットモールは駐車場満杯。
さすが軽井沢だな-って思った。

2時間、どうやって過ごそうか…

まず行ったのは、ここ。
1日目軽井沢(鉄道記念館正面)

(旧)軽井沢駅舎記念館
新幹線開通により取り壊された旧軽井沢駅舎を再現した記念館。
展示室は、軽井沢駅の歴史というより、
当時国内で最も急勾配であった碓氷峠に鉄道を通し、運行した歴史がさまざまな史料(こっちの字が適切?)で
紹介されていました。
横川-軽井沢間は一回も通らず廃止されちゃったなー
大部分は既に知っていることでしたが、現地で見ることに意義があります(笑)
記念館は旧ホームに面していて、ホームには、碓氷峠牽引用機関車、アプト式機関車等が展示されていました。
終始、わくわくが止まりませんでした(笑)

さて、まだ時間がある。
国道18号に出る通りを歩くと、レンタサイクル屋さんが。
1時間500円から。

…よし!
1日目軽井沢(自転車)

実は自転車に乗るのは学生時代以来?
自転車で時間の範囲内で散策することに。 
軽井沢には何回か来たことがあって、方向感覚には自信があったので、
特にガイドブックも持たず、適当に走りました。

気温は24℃! ちょっと暑いよ。けど、風を切って走るのが気持ちいい!
旧軽井沢や別荘地をぐるぐると。

この散策での成果物2つ紹介。
1つめ。
1日目軽井沢(ラウンドアバウト)

昨年秋に正式導入された「ラウンドアバウト」式の交差点に遭遇!
車の動きを見てて、楽しかったです。
2つめ。
1日目軽井沢(浅間山遠景)

浅間山(奥)です。どうしても撮っておきたくて…
矢ヶ崎公園から撮りました。

成果物は以上! 旧軽井沢も走ったけど、特に何もしなかった。
はしってるだけで楽しかった。安上がりだね-(笑)

40分ほどサイクリングして、駅に戻る。
なんかね、自転車を漕ぐ足が重くなってきてね…

さて、いよいよ北陸新幹線に。
混んでいることを予測し、ここはちょっと奮発して指定席にしました。

1日目軽井沢→上越妙高(切符)

ホームを降りると、反対側のホームには、16:05発東京行き(はくたか568号)を待つ多くの人たちも。

1日目軽井沢(金沢行きはくたか)

16:06 軽井沢 発 (北陸新幹線はくたか567号)

思った通り、平日夕方にもかかわらず指定席はほぼ満席。
ワインレッドのシートが目新しい。そして、いやー乗り心地良いわ。座席には枕があるし!
ふと視線を車窓にやると、遠くに八ヶ岳が!

1日目軽井沢→上越妙高(八ヶ岳遠景)

…なんだか、山ばっかり見てますなー
考えてみると、新潟にいると、山容や稜線をまじまじと見る機会はそうないし、
見ていて落ち着きます。
でも、あっという間にトンネルに入り、あっという間に新潟県に入っていました。

行きは4時間以上かけて軽井沢にやってきましたが、帰りは1時間ほどで上越に。さすがです。

17:03 上越妙高 着

3月に入場券で入場したホームに、今回は新幹線から降り立ちました。
明日は、このホームから金沢に向かいます。 

新幹線改札を通り、トキ鉄ホームへ。
切符は、朝に買ったホリデーフリーパス。1日で、ほぼもとが取れました。

1日目上越妙高(駅改札)

17:11 上越妙高 発 (えちごトキめき鉄道 妙高はね馬ライン)

1日目上越妙高( 直江津行き)

時間はちょうど高校生の下校時間。
南高田や高田で、高校生がどっと乗ってきました。
私も高校のときは高田から電車通学だったので、車両こそ違うけど雰囲気は当時のまんま。
すぐ近くに立っていた高校生、私の母校の生徒でした。
課題テストのこととか、地歴選択の話とか、部活のこととか話してて、OBのおっさんは「わかるわかる」(笑)

17:26 直江津 着

夕陽に照らされた直江津駅とトキ鉄本社(右)。

1日目直江津夕方

乗り鉄は、宿にもこだわりません。
駅前のホテルに宿泊。でも、価格の割りに良いホテルです。

ホテルから、直江津駅の車両基地の様子が!
左:妙高はね馬ライン、中:まさかの湘南電車(笑)JR信越線(塗装し直さず、そのまま使ってるんだね)、右:日本海ひすいライン

1日目夕方直江津(駅遠景)

夜は、NEWS音楽監督を呼び出して(笑)、楽しい夜を過ごしました。

1日目の移動距離(営業キロベース) 431.2km!
その5へ続く→http://kodamann.blog.fc2.com/blog-entry-774.html
スポンサーサイト
Date: 2015.05.05 Category: 鉄道  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。