スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

2015/5/29 ホームページのこと&口之永良部島新岳噴火

職場では、比較的簡単にホームページを更新したりページ作成をしたりできます。
県庁専用のホームページシステムがあるので、マニュアル通りやれば、基本的に誰でもできるものです。
まあ、それはそれとして。

情報発信や広く周知する方法としてのホームページの役割は重々承知しています。
でも、いざ、更新するとかリニューアルする、となると、
とてもエネルギーが必要です。
やっぱり時間も掛かる。
だまってても更新できたら苦労しないんだけどな。

何が言いたいかって、私がよく見る某HPに言いたい!
エネルギーの必要なホームページ更新であっても、
立ち上げている以上は、適切な更新をお願いしたいという、
自戒を込めたことを書きたかったわけです。

それはそうと、口之永良部島・新岳の爆発的噴火。
かなり大規模な噴火でした。
桜島の大噴火も予想されているだけに、今後の動きが心配です。

NHKオンラインより===========================
29日午前、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的な噴火が発生し、噴煙が9000メートル以上の高さまで上がったほか、火砕流が新岳の南西側から北西側にかけて流れ下ったことが確認されました。気象庁は、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを最も高いレベル5に引き上げて厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、29日午前9時59分ごろ、口永良部島の新岳で爆発的な噴火が起き、
噴煙が火口から9000メートル以上の高さまで上がり、火口の周辺に噴石が飛散しているのが確認されました。
その後も噴火は続き、午後9時現在で、噴煙は火口から700メートルの高さに上がっています。
また、噴火に伴って火砕流が発生し、新岳の南西側から、北西側の向江浜地区にかけて流れ下り、
北西側では海岸まで到達したことが確認されました。
29日午後に上空から行った観測では新岳の南西側から北西側に加え、北東側でも火砕流が流れ下った痕跡が
確認されたということです。
気象庁は午前10時7分に口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3の「入山規制」から
最も高いレベル5の「避難」に引き上げ、今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるとして、厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁が噴火警報を発表したのは、平成19年12月に警報を導入してから今回が初めてです。
スポンサーサイト
Date: 2015.05.29 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。