2015/9/10 線状降水帯

鬼怒川決壊、2000世帯浸水=100人超を救助-茨城・常総市

関東地方を中心に降り続いた大雨の影響で、増水していた鬼怒川の堤防が10日午後0時50分ごろ、
茨城県常総市新石下付近で決壊し、住宅地など川の東側の広い範囲に濁流が流れ込んだ。
県によると、少なくとも8~9人が濁流に流され、他にも逃げ遅れた多数の住民が民家などに取り残された。
これまでに警察や自衛隊などがヘリコプターで100人以上を救出した。
国土交通省によると、浸水想定地域には約2万2000人が居住し、最大で深さ5メートルの浸水となる恐れがある。
警察庁によると、約100世帯の家屋が浸水しており、最大で2000世帯に上る可能性もあるという。
(以上、Yahooニュース(時事通信配信)より)

新潟で言えば、信濃川クラスの河川が大規模決壊したことになります。
決壊現場から流出する水の流れ、家や樹木を次々に押し流すような水流は、水害の規模の大きさを物語っていました。
しかも、決壊はここだけではありません。
茨城県筑西市、栃木県日光市・鹿沼市、埼玉県越谷市など、関東一円に被害が見られる事態となりました。

決して水害対策を怠っていたわけではありません。
鬼怒川は、上流のダムで降水の7割程度を貯水していたそうです。それでも、決壊してしまいました。
残念ながら、降水量が「半端なかった」というのは間違いありません。

常総市のハザードマップをHPで見ました。
水没の可能性があるところに避難所がありました。
平坦地では、避難所の指定方法は難しいと思います。

今回は、実際に雨が沢山降った上流域よりも、流れが集積する中下流域で、広範囲にわたって被害が発生してしまいました。
被害が大きかった常総市(旧水海道市、石下町)付近は、特に標高が低い平坦地。
もともと流量が多い河川であること、堤防決壊が大規模であることから、復旧には時間がかかるかもしれません。
(水が引くのに、1週間はかかるのではないかとの話もあります)
これ以上、被害が大きくならないことを、そして東北に「線状降水帯」が暴れ回らないことを祈りたいです。

ちなみに、決壊後、100人以上がヘリコプターで救助されたとのことですが、
これは、今回の大規模な水害としては、異例の救助人数なのだそうです。
でも…
テレビの情報だけですが、見てて思うのは、
決壊前(10日午前中)に越水(河川の水が堤防を越えた)の情報があったにもかかわらず、
避難指示が出たのは遅かったのではないか、ということです。

…今週末、関東は吹奏楽コンクールシーズン。
東関東(高校B、小学校)が千葉県で、西関東(高校A、中学A)が埼玉県で行われます。
今回、被害を受けたところから出場する学校もあるようです。
水害に負けず、無事、演奏ができることを祈ります。
スポンサーサイト
Date: 2015.09.10 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


おしらせ
当ブログをお読み下さった方、是非コメントください。 私をご存じの方はもちろん、知らない方も是非! なお、upには多少のお時間をいただきます。
プロフィール

kodaman.

Author:kodaman.
新潟県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター